と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 24話 感想

電撃マオウ10月号にて、

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 24話

の感想です!!

 

ひょんなことからヒーローショーに出演する事になった

莉緒や海美をはじめとしたミリオンスターズのアイドル達。

 

今話を描くにあたって事前に取材をしていたとのことで、

ヒーローショーの舞台裏がリアルに生々しく描かれていましたね~。

 

スーツアクターの中がサウナみたいに熱いとか視点が狭いとか、

なんとなく想像はつくけど実際どんな見え方をしているのかはわからない。

そんなツボをアイドル達を通してしっかりと描いてくれてたと思いました。

特に莉緒姉の視界描写が良かったです!(大きな胸も素晴らしかった…!!)

 

先月はミリオンBC初めてのお休みをとっていたこともあるのか、

今話のアイドル達の描写にはいつも以上迫力があったように感じました。

個人的には美也が特に印象に残りましたねー。眉毛!!

 

強い演技が出来なくてしょんぼりした眉毛、

みんなの頑張りに支えられて気合全開の強気眉毛、

そしてショーが終わって自分の成長を実感できた喜び眉毛!

トレードマークのかまぼこ眉毛に躍動感があって素晴らしかった!!

 

いつもほわほわしてて少し達観している感もある美也だけど、

ヒーローショーで強い演技が出来なかったり、結構不器用な所もある。

悩むこともあるけれど、決して腐らずに一歩一歩前に進んで行く。

そんな美也の姿勢がセクシー封印や女子力向上で悩む莉緒や海美に響いた。

誰かのストーリーが周りのアイドル達にも影響していく。

っていうのがアイマス的で面白かったです。

 

いやー、ホントに今話を見て美也が好きになっちゃいましたね。

Cloverの4人だけじゃあない、シアターのアイドル全員に見せ場を作る。

自分の担当以外のアイドルの魅力に気づかせてもらえる。

これもコミカライズならではの楽しみ方なんだろうな。

そんなことを感じたミリオンBC24話の感想だったのでした。


Web拍手実装しました。
イメージ 5
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2

こちらからどうぞー!

プリパラ 32話 『みれぃ、ぷりやめるってよ』 ぷりのままで

DVD11巻にて

プリパラ32話の感想です!

いやー、よかったですねー!!

語尾に「でゅふwww」南委員長な!!!

f:id:go_wingload:20190816161133j:plain

オウフww南委員長どの~~www

いくら「ぷり」を封印して調子が悪いからといってww

ドプフォwww「おはようデュフ」などと言い出すとかwww

拙者たちと同じキモヲタ属性って事でゴザルかwwコポォwwww

 

あー、面白かった!!!

マイチケじゃなくってマイタケ突っ込ませたりとか、

脚本書いたふでやすかずゆき頭おかしいだろ。フォカヌポウwww

 

ぷりのままで

南委員長は聡い子です。

今のままではファルルには勝てない…。何かを変えなくてはいけない。

そんな時、ありのまま輝いているらぁら達からキャラを捨てる決意をした。

 

アイドルにとっての「キャラ」っていうのは「武器」みたいなもんでさ。

0から産み育て上げてきたポップキャラを捨てるのには相当な勇気がいるよね。

計算高さ以上に前に進んで行こうっていうみれぃの意志がまず良かった。

 

その意志以上に彼女にとっての「ぷり」キャラが

切っても切れないくらいに大きな存在になっていたってだけで。

 

じゃあ結局なにも変わらなかったのか?そうではない。

彼女にとってポップな自分も「ありのまま」の自分自身と気づけた。

らぁらやそふぃと共に、ファルルへぶつかっていく為の最高の自分なのだと。

そう、ぷりのままで。

f:id:go_wingload:20190816164527j:plain

 ☆蛇足

でもまぁ、

たまには顔を出して欲しいよね、

アイドル検事みれぃ!!

f:id:go_wingload:20190816164844j:plain

個人的には作中で一番かわいいんじゃないかって思うよ。

デュフフwww拙者これではまるでオタクみたいwwwコポォw


Web拍手実装しました。
イメージ 5
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2

こちらからどうぞー

と~しきくんが好きな事(2019年8月15日現在)

せっかくブログのお引越しをしたんだし、

自己紹介がてら、これから記事にするかもしれない要素

すなわち僕が今(2019/8/15)現在で好きな事を洗い出してみた。

とりあえず思いつく限り、連載or放送中なものを中心に列挙します。

 

・漫画

衛府の七忍 

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover

ゴールデンカムイ

ハンターハンター

ONEPIECE

ワールドトリガー

ロロッロ!

バキ道

もういっぽん!

⇒チャンピオンとジャンプばっかりだな。

漫画家で言うと稲山覚也先生・山口貴由先生・桜井のりお先生が好き。

 

・アニメ

プリキュア

アイカツ

プリパラ

⇒女児アニメばっかりじゃねーか!!!

プリパラ面白いよね。南委員長とドロシー好き。

プリキュアはS☆Sの途中で止まっちゃってるけど続きも見たいな。

 

・ゲーム

アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ

アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ

スマホゲーはこの二つだけ、っていうかこれで限界。

ライブのチケット取れたら遠征するし唯一行動的な趣味なのかも。

 

ときめきメモリアル 対戦ぱずるだま

⇒玉転がすヤツはようやく

階段積みと挟み積みができるようになってきた。

このゲームはキャラ対が大事みたいなんだけどその域には達していない。

キャラだと優美ちゃんと虹野さんと朝日奈さんが好き。←全員弱い!!!!

 

ガンダムブレイカー

⇒つい先日、PSVITAを買ってガンダムブレイカーやってる。

操作が簡単でコツコツとパーツの強化できるの面白い。

弟とマルチプレイして遊ぶの楽しい。

 

youtube

ここ最近の休みはずっとyoutubeつけっぱ。

ゲーセンミカドの動画に影響されてネオジオミニ買った。

コントローラとHDMIケーブルを揃えたら本格的にプレイしてみたい。

やるならガロスペサムスピかな。メタルスラッグにハマるかもしれんけど。

--------------------------------------------------------------------

とりあえずこんなところかなー。

あとは酒ばっかり飲んでいるダメ人間っす。

今はゲーム関係が一番楽しいのかもしれないね。


Web拍手実装しました。
イメージ 5
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2

こちらからどうぞー

ブログのお引越し完了!

どうもこんにちは!

はてなブログの方ははじめまして。

Yahoo!ブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」

というアニメや漫画の感想ブログをやってた、と~しきと申します。

 

ヤフブロがサービス終了してしまうという事で、

はてなブログにお引っ越しをしてきた形になります。

他にも何個かの移行先候補があって少しずつ触ってみたのですが、

感覚的に今までのヤフブロと一番近い感覚で記事を書けそうだったので、

はてなブログに腰を落ち着ける事を決めました。

 

移行先のブログを開設してボタン一個でOKなのはラクチンで良かったですねー。

 

まぁ、正直に申し上げまして、

ブログの引っ越しをするかどうかが一番悩んだ部分だったりします。

2012年くらいから本格的に初めて、一番感想書いてたのが2016年だったかな~。

そこからはブログを更新する事が段々減ってきて、今は月に1回くらい。

アニメも毎クール放送されるヤツはほとんど見なくなっちゃって…、

このままヤフブロと共に消滅してもいいかもなぁ、って。

 

でもまぁ、せっかく今まで続けてきた事ですからね、

お引っ越し作業をして知ったのですが、僕が書いてきた記事数は1383記事。

かなり遅筆なので1つの感想書くのに1時間とか2時間とかかけてたかな~。

平均1時間半だとしたら1,383記事×90分=124,470分!

時間にして2074.5時間!日数にして86日!月数にして3か月弱!

それだけ感想書くのに費やしてきたんですよね。やっぱもったいないなぁって。

 

感想って水物じゃあないですか。

例えば同じアニメの同じ話数を見たとしても

感じる事や考える事はまったく異なる時もあるんですよね。

 

しばらくたって同じアニメを見て自分の書いた感想を読み返すと、

「コイツこんなこと考えてたのかぁ」とか思ったりする事も沢山あって。

(「コイツ良い事言ってるなぁ、わかるわかるー!」とかなったりもする)

 

まぁ、何が言いたいのかというと

自分がやってきた事を捨てることは出来なかった

っていう未練たらしい話。

 

せっかく引っ越してきたんですし、

はてなブログで心機一転!更新もする!…かもね。

出来る事は感想書くことぐらいなのは変わらないですけど、

ヤフブロから引き続き、生暖かい目で見ていてくれたら嬉しいのです。


Web拍手実装しました。
イメージ 5
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2

こちらからどうぞー!

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 23話 感想

電撃マオウ8月号にて
 
女子力を身に着けたい海美と、セクシーを封印した莉緒。
いままでと違う自分を模索するが今回のテーマみたいですね。
一見、前回までの可奈と恵美のお悩みと似ているようにも思えますが、
自分を変えたいと思う経緯や彼女たちの立ち位置が違うんだろうな、と。
 
自分をCloverのお姉さん的ポジションだと思っている海美、
夜想令嬢の最年長だけれど恵美を支える事が出来なかった莉緒。
二人ともそれぞれのユニットでの役割を自覚していているのだけれど
その役割が果たせていないという責任感から自信を無くしているんですよね。
 
ユニット内での最年長という立場ならではの悩み
っていうのが前回までとは違う所で興味深いなぁと思いました。
「セクシーおさえるのと恵美ちゃんの件関係ない!?」
って、ふと我に返る莉緒姉も面白かったw
 
新しい自分って意味ではヒーローショーなんて異色も異色ですし、
莉緒が新ジャンルの仕事に取り組んでどんな経験を積むのか楽しみです。
 
そういや、海美の「女子力焼きそば」
稲山先生にしては珍しい、失敗お料理でしたねー。
一口食べて「きゅー!」ってなるひなたは可愛かったです。
女子力焼きそばはプロデューサーが責任をもって食べたに違いない!!

Web拍手実装しました。
イメージ 5
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2

こちらからどうぞー!
 
 
 

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover コミックス第5巻 特典感想

コミックス第5巻が発売されましたーーー!!!!
イメージ 2



志保と和解しユニットとして改めてスタートした可奈たち。

静香や未来、シアターのアイドル達も活躍した前日譚から、
いよいよダブルエース・トライスタービジョン・Cloverの
ユニットデビューライブ当日が描かれました。

と~しきくんは電撃マオウで連載も追ってきたのですが、
改めてコミックスで見ると新しい気づきもあって面白かったです。

なにより、限定版の特典CDに収録されている
ミリオンBCのオリジナルソング『Clover Days』
を聴きながら読むとマジで涙が出てくるんですよー!!!



Cloverのステージ、連載の時は曲名が出てなくって
その翌月に本作の新曲が作られることが発表されたんですよね。

『Clover Days』を流しながらライブシーンを読み進めていくと、
歌い始めた四人が正に四葉のクローバーになっているところとか、
可奈・志保・星梨花・海美のここまでの道のりと楽曲と歌詞がマッチしてるところとか、
亜利沙や歌織さん沙代子、一緒に頑張ってきた子たちも前に進んで行っているところとか…全部好き!

とくに大サビ前の「たとえ冷たい雨の夜でも 一緒に笑っていようよ」
ってしっとり歌ってから明るくって力強いメロディと歌詞に繋げていくところがさ、
作中で照明が落ちてからCloverの4人がステージに飛び出していく場面と符合してるのかな、と。
ホント、何回聞いても涙が出てきますよ。

ちょうど今週の土・日(6/29.30)がミリオン6thライブ福岡公演ですし、
天ちゃんサプライズで歌ってくれないかな~~。僕も現地行くんでこっそり期待しちゃいますw

関連記事

イメージ 1

さて!今巻も書店特典が盛りだくさん!!!
今回も各書店特典の感想を書きたいと思いまーす。

ゲーマーズ(描き下ろしブックカバー)
可奈達の前に会場をあっためてくれた茜ちゃん&つむつむのブックカバー!
裏表紙には第18.5話で活躍したサンタ雪歩が居て、とっても可愛かったのです。
茜&紬といえば、特典CDのキラメキラリも大変良かったですねー!!
性質の違う二人のハーモニーも癖になるし「ギターソロカモーン!」のセリフも決まってましたw

COMIC ZIN(描き下ろしイラストカード)
雨の中で歌うCloverの4人が描かれたイラストカード!
仲睦まじく相合傘しながら歌っている志保&星梨花もいいし、
動きまくって傘さしてても濡れちゃいそうな海美やレインコート着て気持ちよく歌っている可奈!
それぞれのキャラクターらしさが出ている「あめにうたおう」なイラストカードだったのでした。

とらのあな(描き下ろしクリアファイル)
個人的に毎巻とても楽しみにしている(笑)とらのクリアファイル!
4巻までにCloverの4人が登場して次は誰かと思ったら…つむつむだったー!!
今巻のダイジェストシーンが描かれているのも面白いですよね~。
親からもらった時計を見る静香とか、タオルで客を煽る奈緒とか、
「こんなシーンあったよなぁ」とか思いながらずっと眺めてますw

アニメイト(ミニ色紙)
おー!ミリオンBCでは初めてのミニ色紙!!
第18.5での「メリー」衣装の可奈が指で指揮してますねー。
指揮のミニ色紙って事ですね!!!!!
ミリシタでも可奈と志保のデュオライブもありましたし、
特典CDに収録されている「メリー」もイイ感じでした。

メロンブックス(描き下ろしイラストカード)
そして、今巻で僕の一番のお気に入り!
志保が描かれたメロンブックスのイラストカード!!
汗をいっぱい流しながら満面の笑みを浮かべている志保。
ユニットライブの直後なんでしょうか。ホッッントにいい笑顔です。
こんな素敵な表情ではじめての「可奈」って名前呼びしたと思うと…!!
あー!もう一回「CloverDays」聴こう!!!

と、いうワケでミリオンBC5巻の書店特典感想でした。
なんか雰囲気的に一区切りで最終巻っぽい感じもありますが、
ミリオンBCはまだまだ終わっていませんよ!!!!!!

電撃マオウでは熱くってアツイ、アイドル達の新章が繰り広げられていますし、
これからもミリオンBCに楽しませてもらって、これからも応援し続けたいと思います。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!



アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 22話 感想

電撃マオウ7月号にて

まずは冒頭の志保が滅茶苦茶可愛かったなー。
可奈とケンカして自分の意見は正しいとは信じつつも、
「やりすぎだったかな…」ってへこんでベットにうつむいている姿。
ギラッギラしていた頃を知っているだけに大変なギャップ萌えでした!!

初期の頃も可奈を叱った後はこうなっていたのかもしれませんけどね!
回を重ねて志保のいろんな表情を見る事が出来るようになったのが嬉しくもあり、
枕にうずくまって「む~」とかしているのとか布団に足を「ぽす!ぽす!」している姿が可愛かった。

「自分らしい」気持ちを歌に込めたい可奈
「自分らしさを抑えた」演技を求められている恵美
一見正反対な悩みを持つ二人ではありますが、
その根本にある問題は同じっていうのが面白かったです。

自分の唄う歌は誰に向かって気持ちを伝えたいものなのか。
自分が演じる「彼女」は誰に対して気持ちを伝えてようとしているのか。
独りよがりじゃあない『誰に』『どんな』気持ちを伝えたいのかが大事だった。

アイドルとしてステージで歌うのなら誰かに伝えたい気持ちがあるはず。
役者として誰かを演じるのなら、その役の先にいる誰かがいるはず。
そこに気付けなかったのが今回の可奈と恵美だったんだろうな、と。

個人的に面白いなぁと思ったのは
「誰かがいる~」とか「一人じゃない~」とか
アイドル物の作品では幾度となく取り上げらている事だけど
そのテーマに対して具体的な答えを用意してくれたのが素晴らしかった。

特にエドガーになりきった恵美に対して
「ようやくこっちをむいてくれた」っていう朋花が良かった。
舞台の上で正に共に演じるパートナーだからこそ恵美の変化に気付けるんですよね。

「自分らしく」や「一人じゃない」普遍的なテーマを取り上げながら
可奈や恵美、ミリオンBCならではの答えを描いていくれた『Hearty!!』。
3部に入った中で、個人的にすごく好きなエピソードだったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!