と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

『天 天和通りの快男児』 好きな地文 目立たないがこれも神業 いち殺し

あけましておめでとうございます!

今から10年前、2012年1月1日に

僕は何をやってたんだろうなとブログを見返したら…

漫画『天 天和通りの快男児の好きなシーンを語っていました。

go-wingload.hatenablog.comちなみに翌年の2013年元旦も天を語っていたりして、

『天』という漫画は僕にとって人生で5本の指に入る位好きな漫画なのです。

go-wingload.hatenablog.com

さて、僕が福本伸行先生の漫画というか『天』で大好きなのが、

「地の文章」がとにかく格好いいってところなのです。

 

上記の『飛龍地斬四暗刻とかひろゆき捨身の大明槓』もそう、

闘牌の区切り毎にキーとなった牌姿と勝負を総括する文章で表現されるページ。

その文がとにかく洗練されていて…立木文彦古谷徹にアフレコ入れて欲しい位、

声に出して読みたくなるようなカッコイイ文章なんですよね。

 

ちょうど天を読み返していたし、

10年経ったタイミングピッタリという事なので、

2022年の書き初めとして僕が好きな「地の文」を紹介したいと思います。

 

天才の一打は凡夫の十打に勝る…!

目立たないがこれも神業…いち殺し…!

(天 天和通りの快男児 第7巻より)

f:id:go_wingload:20220101140653j:plain

場面は東西戦決勝の序盤、
満貫縛り・点棒加算の無いルールの為、

全員守備が固くなる中どうやってロン上がりをするか?

神域・赤木しげるが西から和了をもぎ取る闘牌の1シーンです。

 

親の阿久津がドラをポン、捨て牌を見るとピンズの混一気配。

親ッパネを警戒しみんなピンズを切らずベタオリしている中、

赤木が切ったのがなんと五筒。

 

阿久津の混一に真っ向から向かっていく五筒切りに、

西の三井は赤木の待ちを推理し一番安全に見える二萬を切ります。

しかしそれこそが赤木が待ってた、純チャン三色のロン牌だったのです。

 

123の純チャン三色には五筒なんて全く不必要な牌。

それを最後まで取っておき、混一に突っかかる強打を見せつけ、

結果的に萬子以外は「危険牌」だと思いこませたのです。

 

ひろゆきは前局、三萬を2丁迷彩に利用し、

萬子の「安全性」を演出したものの二萬・五萬を出す事が出来なかった。

一方赤木は萬子以外の「危険性」を演出して二萬を切らせて討ち取った。

 

天才の一打は凡夫の十打に勝る…!

目立たないがこれも神業…いち殺し…!

 

麻雀の常識を破り敵を出し抜く逆転の発想。

死をも恐れぬ赤木しげるの天性・特異性の一端を見られる闘牌。

「いち殺し」ってフレーズが赤木の神域性を上手く表現してると思いました。

 

他にも好きな文は……、

「最後に死ぬ人間をみとる鬼のよう 単騎一萬待ち…!」(6巻)

「一点殺し…!鬼さえ騙すロン牌送り…!」(7巻)

ひろゆき開眼 捨身の鬼(ドラ)落とし…!」(9巻)

「無色無臭の混一カン二索待ち…虚空を斬る…!」(11巻)

あたりが好きですねー。飛龍地斬四暗刻が一番カッコいい!!

 

正月から「死」とか「殺し」とか

縁起でもないフレーズが多いのですが…

好きなんだからしょうがないよね!!

2022年も好きな事語っていければな、と思います。

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第48話 感想

電撃マオウ2月号にて、

ミリオンBC第48話を読みました!

ロコのロコアート回という事で、コンテンポラリーアート

ミリシタの「産声とクラブ」に絡めたお話だったように思います。

CLEVERCLOVERシーズン中にCloverDays実装されないかなー。ボソッ

3日であれだけ大掛かりなパフォーマンスアート作り上げるのすっげー!(昴感)

 

テーマとしては「みんなでつくる」ってのが一貫してたのが印象的。

ロコのアートだと風船に顔を描いたのは翼のアイデアだし、

杏奈とゲームをしたからクジラのカラーリングも納得できた。

予算面での千鶴さんの現実的な意見も実現するには必要な要素で。

本人も気づいているようにロコ一人じゃないから作り上げられた。

 

アートもそうだしアイドルのステージドラマの撮影やも同じでさ。

辛い思いをしたドラマ現場も、早川さんの技術を知ったグラビアの現場も、

アイドル一人だけで出来ているんじゃないって事を桃子は気付くんですよね。

これまでの話で積み上げてきた経験を結論に繋げていく構成が上手いなと思いました。

 

そして桃子・のり子・千早のステージが集大成となるのかな?

千早の新曲も気になるよなー。11巻特典CDで収録されると発表された

『shy→shining』の可能性もワンチャンある?聞いた事ないから楽しみ。

いよいよコミックス10巻も来月発売ですし11巻の予約もはじまったし、

2022年もアイドル達の物語を楽しませてもらえそうです。

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第47話 感想

電撃マオウ22年1月号にてミリオンBC47話読んだよ!

 

ファン視点として可奈のクラスメイトに共感しちゃいました。

メガネちゃんめっちゃイイ子だったーー。

前回まで微妙な表情で描いていたシーンもあって気になっていたんですが、

ファンでもあり友だちでもある立ち位置に少し悩んでいたんですね。

応援したい気持ちは本当。だからこそ悩ましい。

特にアイドルだと特別な目で見ちゃう気持ちも分かりますわ。

でも可奈も特別じゃあないんだよって先生が言ってくれることで、

自分の気持ちを伝える勇気を持つって所がメッチャ良かった。

改行を何行か入れてそっと伝える奥ゆかしさが絶妙。

 

前にも書いた事があるとは思いますが、

アイドル以外の登場人物を通して物語を作っていくって

コミカライズならではの描き方なんだと思うのです。

 

周囲の人物をしっかり描く事でアイドル達を更に深く知る事が出来る、

ボイスやテキストが中心となるゲームでは難しい部分だと思うので、

感情や表情の機微が伝わる漫画ならではの強みを活かしてるな、と。

 

自分たち読者と同じアイドルのファン目線だとなおさらで。

メガネのクラスメイトちゃんに殊更共感してしまったのでした。

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第46話 感想

電撃マオウ12月号にて

ミリオンBC46話を読みました!

(今月は公式からの宣伝ツイなし!珍しい!

編集さんもコミックス制作頑張ってるのかな?)

 

いつもと様子の違う可奈・海美の後を追う

ディテクティブアイドルの中でノリノリな歌織さんワロタw

いつの間にかBCではオチ担当が板についてきた感が…w

とってもお茶目でキュートだったのです。

 

可奈の悩みが等身大の女の子って感じで、

(本人は真剣に悩んでるんだけど)なんか可愛かったです。

自分も高校時代、卓球の大会で文化祭出られなかったの思い出した。

参加できないくせに前日の準備は遅くまでやってたりしたなー。

学校行事に参加できなかったってのは桃子も同じ経験をしていて、

プロとはなんぞや?という桃子編とも繋がってるのが上手い。

 

そんな悩める可奈に接した海美の優しさが凄い良かった。

転ぶ前にどうにかできればそれが一番いいってね。

物語って転んだり壁に当たってどうにかするっていうのがお約束で。

本作も、そりゃ派手に転んだりデカい壁にぶつかって来たワケです。

そんなこれまでもあったからこそ。悩んでる子がいたら察してあげられる。

その気遣いの心こそ海美の女子力なんだろうなぁと思いました。

 

プロデューサーもきちんと謝れる大人で素敵だったし、

合唱部のみんなも可奈を受け入れてくれているみたいだし、

(中には「練習出てないくせに…」とか思っちゃう子もいるだろうけど、

少なくとも団子鼻子ちゃん(勝手に命名)はそうじゃない。)

可奈の周りが優しくって、なんか読んでてほっこりしちゃいました。

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!

 

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第45話 感想

電撃マオウ11月号にて

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover第45読みました。

環たちが運動会の練習をする一幕を描いた、季節ピッタリで短めなお話。

1ページ漫画を繰り返し物語を進めていく手法は某きらら漫画的で新鮮!

なにかとオチ担当にされている歌織おやぶんが可愛かったですw

逆立ちするのにちゃんとシャツの裾をジャージに入れるロコとか、

短いながらも細かい所まで描き込まれてて見ていて楽しいんですよねー。

ナイスサボテン!

 

そして、相変わらず(!)桃子地雷を踏むのり子を切欠にした環のお話。

ミリシタコミュ準拠だそうで、すっかり忘れていました。

100人の半分くらいなら友達すぐできるってPの言葉が、

シアターのアイドルの数の事言っていると思うと面白かった。

照れくさそうにバトンの練習を誘う桃子の表情も最高でしたー。

 

そして、前回同様どこか曇り気味な表情の可奈で〆る引き。

前回と違うのは決意を秘めたように見える海美の存在でしょう。

「プロとは?」「アイドルとは?」テーマは続いていて。

閑話休題、どんな物語を見せてくれるのか楽しみなのでした。

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第44話 感想

電撃マオウ10月号にて

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Cloverを読みました。

 

スーパー銭湯?というところでステージ」

銭湯の存在をいまいち分かってない1ページ目の星梨花から可愛かった。

 

風花さんと言えばやっぱ水着グラビアっすよねー!!

っていう鉄板ネタをミリシタメインコミュとほぼ同時に取り上げる間の良さよ!

超シリアスな表情で「最高だな」とOKだすPも面白かったw

 

ミリシタでは清純派な仕事を水着グラビアと勘違いした

風花とPがすれ違うお話で、これはこれで可愛らしい一面が見れたのですが、

BCではグラビアという仕事に込められた期待や将来への道筋を描く

風花さんのアイドル道に正面からぶつかっていったのが最高でした。

 

そりゃいつまでもグラビアのお仕事してられるワケじゃなし。

アイドルから女優・タレントとステップを進めていく日はきっとくる。

その日が来るまでに一番の魅力であるビジュアル面で売り出していく。

 

銭湯営業に瑞希を選んだ理由も然り、

アイドルの事をそこまで考えているのがプロデューサーである。

その事が本当に伝わってくるのが読んでて嬉しくなってくるんですよね。

うん、ナイスセクシー!!!(←これツボった)

 

そしてエピローグの瑞希が素晴らしかった!

プロデューサーに理由を聞いている時の「手」が良かった。

心の中にある悩みとかモヤっとしたのを掴んだように握った手が、

徐々に緩んでいって最後には「ぶい」とPに微笑むんですよね~~。

も~~、ホント初見時ドキッとしてしまいましたわ。

 

「ぶい」のコマだけじゃあなくって、

そこに至るまでの心情の動きが見事に描かれているからですよね。

ミリオンBCを読んでいくと、どんどんアイドル達をもっと好きになっていく。

いやー、本当に… ナ イ ス セ ク シ ー でしたわ!!!!

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第43話 感想

電撃マオウ9月号にて

アイドルマスター ミリオンライブ!Blooming Clover 第43話を読みました!

可奈・のり子・桃子・風香のグラビア撮影班と、

瑞希・海美・杏奈・ロコの温泉ステージ班の2面構成!

 

いやー、温泉でのお仕事っつーんだから、

宴会で酌して回って酔っ払いに絡まれるような

とてつもなくハードなお仕事を想像していたのですが、

ちゃんとステージでのパフォーマンスのお仕事で安心しました(←当然。)

 

とはいえ、最初からクライアントにキツイ事を言われちゃうワケで。

それでも腐らずくじけずステージに臨む瑞希の姿勢が素晴らしかった。

お客さんは誰も自分達の事を知らない…表情を顔に出す事が苦手…。

言われたことに事実が含まれている点を飲み込んで、

だったらどうすれば見てもらえるのか?楽しんでもらえるのか?

それを考えて実行に移す、これって正しくプロの仕事で。

 

一方、グラビア撮影班では早坂カメラマンを通して、

桃子の新しい気付きを得させるという筋書きが良かった。

被写体のアイドルのプロフィールや性格をリサーチし機材も変えていく。

緊張しないように小さいカメラを用意するとか成程なぁと思いました。

41話のスタッフさん達も同じような感じだったのかもしれないよね。

ようやく落ち着いた桃子の眼にも周囲の「プロ」が見えてきたのです。

アイドルもスタッフも良い作品を作りたいって気持ちは同じハズで。

状況によっては何かを妥協しなくちゃいけない事もあるけど、

その「落とし所」を一緒に見つけるのが「プロの仕事」なんだと思いました。

 

そして、瑞希の「喜んでほしい」という気持ち、

桃子の「いいものを作って喜んでもらいたい」という気持ち、

それが伝わった瞬間が一番嬉しいっていう心が本編を通して描いてきた

「アイドルとは?」「プロとは?」というテーマに帰結していくのが見事。

これで前編ってマジ!?

翼が登場して『伝え届けること』の後編は何を描くのか。

桃子編もクライマックスに突入。何を届けてくれるのか楽しみです。

 

あと、読んでいてなんとなくなんですけど、

グラビア班とステージ班で作画のタッチを描き分けているように感じました。

アイドルの一瞬をフレームに収めるグラビアでは繊細で柔らかいタッチ。

パフォーマンスの勢いをお客様に伝えるステージでは豪快で力強いタッチ。

どちらも魅力的で最高だったのです。

---------------------------------------------------------------------------------

Web拍手実装しました。

f:id:go_wingload:20200601191943g:plain
べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5

https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!

go-wingload.hatenablog.com
こちらからどうぞー!