と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

「映画けいおん!」見てきたよ!

イメージ 1

公開からすでに3週間。
出不精でなかなか見に行けませんでしたが、
今日、ようやく「映画けいおん!」を見てきました。


以下、ネタばれですのでご注意を…

イメージ 2




















☆「天使」を探す物語

まず思ったのは、
「ロンドンのシーン、思ったより短くない?」
って事でした。

映画の広告などでは「HTT、ロンドンへ行く」
って感じで押していたのですが、
物語のメインは実は旅行譚ではなく、いつもの彼女達。

110分の内、5分の2程は
いつもの音楽準備室でのやりとりです。
お茶飲んで、だらだらして、
みんなで遊んで、みんなで楽しむ、いつもの放課後ティータイム
そして、卒業する唯達から梓になにかを残したい、っていう
TV版最終回に繋がる「天使」を探す物語。
映画は「けいおん!!23.5話」という面もあったと思います。

☆複雑な心境のあずにゃん

この映画のもう一人の主人公は、梓だと思いました。
思えば、唯達の卒業を目の前にしたこの時期は
梓にとってはかなり複雑な心境の中での旅行でした。

高校生バンドとしての放課後ティータイムの終了と
いまだ部員が入ってこない軽音部の今後。
1人残される立場の梓にとっては不安が一杯。
でも一方で、新しい靴を用意するほど旅行も楽しみ。
その上、頼りにならない先輩達のために
卒業旅行のプラン作りまで請け負っちゃって、
この時期の梓にはかなり負担がかかっていたと思います。

しかも、唯をはじめ先輩方は自分になにか
隠し事をしているようだと感じ始め、
最後には唯に変な勘違いをしてしまい、
ちょっとした不信感まで募らせてしまいます。
イメージ 3















もちろん、唯たちは「梓のために何かをしたい」
という目的で、曲作りを隠していたのですが、
いろいろ背負いすぎて疲れ始めている梓にとっては
しんどい部分もあったのではないかと思います。

なんだかんだで、しっかり楽しんではいましたが。

不安を抱えた中でも旅行を含め毎日を楽しめているのは、
やはり彼女達が本気で楽しもうとしている事と、
お互いを大切に思いやっているから出来る芸当なのだと感じました。

☆卒業式の屋上にて

僕が一番好きだった場面は、卒業式の日に
唯・律・澪・紬の4人が屋上で円陣(?)を組んでいるシーンです。

唯「私、今迄で一番緊張しているかもしれない」

文化祭の時よりも、ロンドンの一般客を前にした時よりも
梓の為に、梓の前で歌う前が一番緊張するっていうんです。
どう考えても、外国で歌うほうが凄いのに、彼女達にとってはそうじゃない。

梓は喜んでくれるだろうか?

これだけなんです。
放課後ティータイムに「翼」を与えてくれた天使。
大好きで大好きでしょうがない梓が喜んでくれるかどうか。
そっちの方が、彼女達にとっては大切な事なんです。

だからこそ、最後の「天使にふれたよ!」の場面で
梓にとっても、見ている僕にとっても最高潮に上り詰めていくわけです。

誤解が解けるカタルシスもありますが、なにより
青春の美しさに心の琴線をブルブル震わされてしまいました。

長く書いてしまいましたが、
とにかく、けいおんは最高に楽しかった!
まずはそれが1番の感想です。

もう1回見たいけど、映画館はもういいかな。
お家でゆっくり見たいです。
ブルーレイディスクが早く欲しいぜ。。

イメージ 4




鑑賞記念スタンプ。
みんなかわええ~。