と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

飛龍地斬四暗刻

あけましておめでとうございます。
今年は辰年
新年1回目の日記は
僕がお墓まで持っていきたい漫画
天 天和通りの快男児』より、
作中で一番好きな和了である
「飛龍地斬四暗刻を紹介したいと思います。
イメージ 2














龍は地を割った…!










場面は東西麻雀決勝戦中盤、
銀次が脱落し窮地に陥った東側。
そんな中で、赤木と天が練り上げた闘牌です。

イメージ 1


赤木が凡手から純チャンリャンペーコー
に育て上げた「龍」を、天が一度地に潜らせて、
四暗刻へ転生させ地を割らせた奇跡的な和了






4枚目の9ソウを持ってくる赤木の鬼ヅモ。
差し込める筈だった西側の足並みの乱れ。
そして残り4順で龍を潜らす天の判断と
リンシャン牌で暗刻を2個も作ってしまう「天運」。

実際の麻雀ではとてもじゃないけど出来ないような
トンデモ和了ですが、赤木と天の二人の天才が
才気と勇気で作り上げた闘牌。
これにビリビリしびれてしまうのです。

闘牌の一部始終を見ていた銀次は言います。

「考えられない闘牌」
「あの凡手から四暗刻への道はあまりに細く険しい」
「辿り着くには理や知でなく、もっと全く別の能力」
「運命をつむぐ細い糸 これが見えてなきゃダメ」

イメージ 3







「あの二人にはそれが見えている」
「飛龍地斬四暗刻…!」














中二病すぎる…
だが、それがカッコいいのです!!