と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!DVD3巻 律のリーダシップ 和の親心

けいおん!のDVD3巻を視聴しました。
レンタルで。(笑)

いや~、良かったですね~!

イメージ 1




唯のガラガラコーラスな!






ふわふわ時間」の通常版を聞きすぎていたので、
「い~つもがんばる~」で噴出してしまいました。
あえてガラガラ声で歌うのって大変そうだな~。

イメージ 2


DVD3巻は桜高軽音部の初ステージ。
さわ子先生加入と文化祭のお話がメインでした。

この初ステージですが改めて見てみると、
律と澪
唯と和
2組の幼馴染の関係性が見えてきて面白かったです。

☆律のリーダーシップ
軽音部のボーカルは始め唯がやるはずでした。
しかし、さわ子先生の特訓でノドを痛めてしまい、
結局澪がボーカルを務めることに。

もともと引っ込み思案で緊張しいの澪にとって、
大勢が見ている前でのボーカルはかなり高いハードル。
直前まで動揺して、不安な気持ちからやっぱり無理だとまで言い出してしまいます。

イメージ 9イメージ 11











イメージ 10イメージ 12












先行きが怪しくなった空気に、動いたのは律でした。
MCパフォーマンスで2ボケかまし
澪のそして軽音部みんなの緊張を解きほぐしてくれました。

りっちゃんは、普段おちゃらけているようで
実は周りのことを良~く見ているんですよね。

澪とは幼馴染で、筋金入りの恥ずかしがり屋だって事は律が一番知っているはずです。
そんな澪が文化祭のステージでボーカルをやる。
律が半分押し付けた部分もあるものの、
たった1人でも練習をする姿を見て、
「よっしゃ、一肌脱ぎますか」
ってな具合で元気付けようと思ったのでしょう。

基本的に自由すぎる放課後ティータイム
律も、率先して遊びに勤しむタイプなのですが、
やるときゃやる!女の子なんですよね。
部長としてのリーダーシップを初めて発動させた瞬間でした。

☆和の親心
個人的に注目だったのは和の存在。
イメージ 13イメージ 14












クラスの出し物で焼きそば係をしている唯に、
他の担当をつけるからと練習に行かせてあげます。

イメージ 3















軽音部のステージが始まる直前で、心配そうに見つめている和。

2話で親鳥のような気持だと言っていましたが、
まさに和には、唯に対する親心のような物が芽生えているようです。
幼稚園からの付き合いで、唯は何かを成し遂げるようなことは出来ず、
ずっと和や憂、周りの助けを受けて高校まで来てしまいました。

そんな唯が初めて部活に入り、
ギターに打ち込んでいる姿を見て、
嬉しかったりちょっぴり寂しかったりもしたのではないかと思います。

イメージ 4



演奏が終わった直後で、
一番嬉しそうにしているのも和なんです。
(ちなみに、後ろにいるのは
後の澪ファンクラブ初代会長、曽我部先輩)

さわ子先生は
「ま、こんなもんでしょ」
って表情をしていたのも印象的でした。



ま~、当の本人は初ステージに期待満々で、
あまり緊張していないってのが、なんとも唯らしいというか。
イメージ 5













それにしても、澪って卒業までに本当に成長しましたね~。

イメージ 6イメージ 7












この頃は本番直前までゴネるような、子供っぽさがかなり残っていました。
(そこも可愛いんですけどね)
それが、最後にはロンドンの街中で演奏できるようにまでなるんですもの。
恐がりは治ってないですが、舞台度胸はHTTの中で一番の成長率ではないでしょうか。

あ~、けいおんって本当にシーン1つ1つの情報量が多い!
何回見ても、新しい発見があって楽しいです。

そして、個人的に一番驚いたのは↓の場面。

イメージ 8





すっかり忘れてた!
ムギの
百合スキー設定!







けいおん!!になってからムギの百合好き設定って出てきましたっけ~?
僕が忘れているだけかな~。。。