と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

山風短(4)忍者枯葉塔九郎 を読みました

イメージ 1

山田 風太は小説家。
魔界転生』や忍法帖シリーズに代表される、
奇想天外なアイデアを用いた大衆小説で知られています。
僕はこの忍法帖シリーズが大好きなのです。

山風の凄いところは、とにかく奇想天外な「忍法」。
吸った息で真空を生み出して相手を倒したり、
蝶や蛇を自由に操って戦ったり、
体中から敵の血を吸い出してミイラにしてしまったり…etc

しかも、これを考えたのは50年以上前なんだから驚きです。
ナルトやワンピースのような「能力バトル」を
すでにずっと昔から描いていた山田風太郎先生、凄すぎます。

さて、今回紹介するのは、
そんな山田風太郎忍法帖シリーズの短編集から厳選して
コミカライズされた「山風短」から、最新作「山風短(4)忍者枯葉塔九郎」です。

~あらすじ~
仕官の口を求めて旅をする駆け落ちの夫婦、筧隼人とお圭。
召抱えてくれる藩が見つからず放浪している中で、隼人はお圭が鬱陶しくなってくる。
そんな中、鳥取藩での御前試合の直前、枯葉塔九郎という男が隼人の前に現われた。

イメージ 2




「御内儀を
拙者に売られい」









30両と、御前試合での勝利。
この2つでお圭を売ってくれないかと頼まれる隼人。
塔九郎との間に“ある密約”を交わし、御前試合に臨むこととなる。
~あらすじ終わり~
イメージ 3


この枯葉塔九郎さん。
体をどれだけバラバラにしても、
くっつければ元に戻るという忍法の使い手。




結局、御前試合では隼人に勝ちを譲り、
お圭を連れて行くのですが、その3年後、
御奉行となった隼人に、お圭を奪われそうになります。

塔九郎がお圭を守るためにとった方法とは?
かなりトンデモない事やっちゃってます。

クライマックスの塔九郎復活シーンは、
山風の超絶忍法を見事に映像化したと思いました。
子供には見せられませんが…(^▽^;)

そして、塔九郎はお圭を大切に思っている描写が多く、
二人にとっては幸せそうな終わり方だったのが印象的でした。
まー、隼人がダメンズすぎるんですけど。


それにしても、せがわ先生が描く女性は本当にいろっぽいな~。

イメージ 4















イメージ 5



←隼人といた時は凛としていたお圭さん。
3年間の間になにがあったんだよ。。