と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編2巻 読了

イメージ 1


イメージ 2




奴は、考えてきたんだ。
オレの考えもしない事を。
ゴルフはドヘタ。
満足にクラブも振れない。
だから、ただ「考える」という行為…。
それ一本で俺に挑んできたんだ。
オレ、考えられなかったんだ!
それは…敗北だと思う!
それを認めなくちゃ前へ行けない…!







老人達のアパート立ち退き阻止と1千万円を賭けたゴルフ対決が決着しました。
上記は勝負に敗れ、敗北を受け入れたゴルフ界のホープ、京介の言葉です。

福本先生の書く漫画は、本当に身につまされる思いがします。
勝つものは勝つべくして勝つ。
そして、その逆も然り。

真剣勝負は勝つために戦う。
彼我の実力の差を見極め、受け入れ、
どうすれば勝てるのか?
それをとことん考え尽くし、行動に移す。

「方法」を考えてきた零が勝ち、
その「方法」に考え付かなかった京介が負ける。

社会人になって、「考えること」の大切さが身に染みて分かりました。
ぼーっと、ただルーティンをこなしているだけでは、
誰も評価してくれないし、あっという間に置いてきぼりを食らいます。
僕のような事務職系は成果が数字に出ないので、特にそうだと思います。

頭使って、リスクを察知して、より良い方法を導き出す。
社会人4年生になっても、まだぜんぜん出来ていませんが、
零を読んで、身が引き締まるような思いを持ちました。