と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!!3話 百合レーダーがビビッとね!

けいおん!!3話の感想です。

いや~、良かったですね。

イメージ 1



とんちゃん!
…を見つめる唯な!







もちろん、トンちゃんも可愛いですけどね。
鼻の穴にピーナッツを入れたくなる可愛さです。
もちろん、唯の鼻にな!

ちょっぴり離れてみて知る素晴らしさ
3話のサブタイトルは「ドラマー!」
律が他の楽器をやりたいって言い出すお話。
イメージ 5イメージ 6









見ていて感じたのは、
律は初めからドラムがイヤになった訳じゃないんだろうなって点です。

なんていうか、ちょっと離れてみて
やっぱドラムしかない!ドラム最高!!
ってのを確認したかったんだろうなぁ、と思いました。

イメージ 7


ギターやキーボードを体験して、
数日ぶりに握ったスティック。
凄く楽しそうに振っています。

あと、このシーン
ぬるぬる動いていましたね。





そして、ドラム復活を宣言した瞬間の澪の表情、
凄く嬉しそう、っていうか安心したような表情だったのが印象的でした。

イメージ 8











律がギターとキーボードをやって、ベースはやらないのかと
いわれた瞬間、澪はベースにかける想いを語ります。

イメージ 9


低くて深い音色とか、
目立たずにみんなを支えている感じとか、
みんなに合わせてベースのライン作るのも楽しいし、飛び出し過ぎないように、
でも、みんなの音に埋もれないような、

そんなベーシストでいたいって…



澪は唯や律のように、普段からあまり自己主張をしません。
だからこそ、澪の中には確固としたバンド像っていうのがあって、
律がドラムで自分がベースでバンドをやりたいって想いがあったのでしょう。

そして、それを分かっているからベースには手を付けなかったりっちゃん。

まったく妬けますな~、田井中どの~。

HoneySweetTeaTime
そして、今回個人的に好きだったのがここ。
ムギの作曲風景です。
イメージ 2

放課後ティータイムの曲は
澪の作詞、紬の作曲という設定で作られています。
澪が作詞をするシーンは度々描かれていましたが
ムギの作曲過程が作中で描かれたのは今回が初めてです。

イメージ 3



作曲のインスピレーションが
律がキーボードを喋らせた所から
来たってのも面白かった。

ムギにとって律は「新しい感動」
を与えてくれる存在となっている
のかもしれません。




ガチにゃん!
そうそう、百合レーダーが働いたシーン、もう一つありました。
唯と梓、2人での帰り道。
もし律がドラムを止めたら自分がドラムをやると言い出した唯に対して、

イメージ 4




ダメです。
私の目の届く範囲にいて下さい。






先輩は考えすぎなんです、と一蹴した梓ですが、
一緒にギターをやる唯がいなくなるのがイヤだったんだよね。
ホント、お前らもう付き合っちゃえよ!

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

イメージ 3