と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!!8話 「進路!」 和の爆笑、さわ子の微笑

けいおん!!の8話の感想です。

いや~、良かったですね~。

幼唯(おさなゆい)な!
イメージ 11イメージ 12









ホント、唯の可愛さって小動物的な可愛いさだよなぁ。
タコ焼き作る調理実習でタコを忘れるという致命的なミスを犯しても、
「タコ無しでもおいしいね~」とか言えちゃう天真爛漫さ!
そりゃ、周りも笑って許しちゃいますよね~。
この子を責めることなんて出来ません!

温故知新?
さて、8話のサブタイトルは「進路!」
3年生の7月に入っても未だ進路を決められない唯と律。
イメージ 13





なんだか、
ずっと先の事だから
想像できなくって…







高校を卒業して、どこに進むのか。
ある意味、その後の人生の方向性が大きく決まってしまう大事な選択。
けいおん!!はその重いテーマを逃げずに描いていきます。

自分の未来が想像できないという唯の気持ち、よく分かります。
特に唯は今が楽しくってしょうがないんだもの。
将来の事なんて、今は考えられないんでしょう。

ちなみに僕は、高3で部活を引退してから、
・とりあえず大学に進学したほうが良いだろ。
・公民得意だったし、就職で潰しが利きそうな経済学部がいいかな。
という安直な理由で勉強を始めて、大学へ進みました。

今になって振り返ると、その選択には全く後悔はしていませんが、
もうちょっと真剣に将来の自分を考えても良かったのかな、とは思います。

けいおん!!の話に戻りましょう。
この回の構成って、かなり興味深いんですよね。
将来の事を考えなきゃいけないのに、過去の思い出話に花が咲いています。

イメージ 14




唯と和






イメージ 15





律と澪







2組の幼馴染の出会いや仲良くなったきっかけが語られました。
将来を考えるのに、過去を振り返ってみるのは良いと思います。
律は将来のことを考えたくなくって、ワザと話題を変えた感はありますが…

あと、興味深いのは律・澪・和はほとんどそのまま高校生になっているのに、
唯だけ幼稚園から髪型がコロコロかわっているんですよね。
なんか意図があるのかな~、と気になります。

和の爆笑
自分のやりたいことを考えるようアドバイスをもらった唯。
お花屋さんにOL、バスガイド、ウェイトレス、菓子職人…
どれもしっくりこない様子。

そして、自分の思いつく事と言われて提出したのは…

イメージ 2




ミュージシャン







さわ子先生からは当然却下。
部室に戻って進路調査書を和に見せたら
イメージ 1





大笑いされてしまいました。







唯達なりにアドバイスに従って考えて出した答えだっただけに、
和の爆笑に唯も強がりつつもちょっと傷ついていた様子でした。

でも、もちろん和は唯のことを馬鹿にして笑っているワケではないと思います。
幼稚園から中学まで、自分では何も決められず、ずっと和にくっついてきた唯。
高校に入って、初めて和の手を離れ自分のやりたい事を見つけました。
それが軽音部。

将来の仕事にしたいくらい軽音部にのめりこんでいる。あの唯が。
それが和にとって意外で、思わずツボに入ってしまったのではないでしょうか。
そんな描写は全くなく、見ている僕の解釈でしかありませんが、
唯の保護者的な立場にあった和にとって、
嬉しかったり可笑しかったりしたのではないかと感じました。

さわ子の微笑
軽音部のメンバーに相談しても答えが出なかった唯。
翌日、クラスメイトに卒業後どうするのかを聞いて周ります。

イメージ 3イメージ 4










美容師の専門学校、芸大、外語大、
看護学校、家の酒屋へ就職…

みんなそれぞれやりたい事があって進路を決めている。
唯はますます分からなくなってきてしまいます。
そして、彼女が出した結論は、

イメージ 5

















決まりませんでした。
もちろん却下。
しかし、これを見たさわ子先生はまず、

イメージ 6




しょうがないわね、
って感じで笑っています。

僕もこの年齢になると、
さわ子先生の気持ちが
凄くわかります。




だって、唯の出した進路志望調査書
見難いけれど、何回も消しゴムをかけた跡が残っています。
何回書いて消してを繰り返したんでしょう。
将来の事が想像も出来なかった唯が、
本気で悩んで、考えている。

今はそれで良いよ。

イメージ 7イメージ 8









イメージ 9イメージ 10









アバンを初め、BGMや描写などで
8話では「亀」が多く使われています。

「ウサギと亀」の童話のように、
焦る必要は無い、ゆっくりでいいから、
自分で考えて自分の答えを導き出せばいいんだよ。
というメッセージが込められているのではないかと感じました。


ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3