と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

氷菓4話 周りを納得させる答え=真実とは限らない

氷菓の4話を見ました。

いや~、良かったですね。

イメージ 1




むくれっツラ
摩耶花な!





摩耶花は感情を素直に出すから可愛いなぁ。
古典部のほかのメンバー(特に里志)は底が知れないっていうか、
あまり気持ちの変化を表に出さないだけに、摩耶花は見ていてホッとします。

あと私服が可愛い!
えるの私服がどこか大人びているだけに、
ピンクのポロシャツにショートオールって、
なんとも可愛らしくていいじゃないですか。

イメージ 2




このお尻!
最高です!!









納得させる答え=真実ではない。
えるの叔父、関谷純の謎を解く鍵であった文集「氷菓」。
その関谷純が手をかけた創刊号だけが消えていた。

手がかりを失ってしまったえるは、里志と摩耶花にも協力を求め、
各自の調査結果を千反田邸にて検証することになります。

それぞれが調べてきた資料を要約し、仮説を立て検証するものの
どれも核心に触れるような感触は得られなかったようでした。

氷菓第二号
・団結と祝砲
・神高月報
・神山高校50年の歩み

今手元にある情報を総合的にまとめた奉太郎の推理は…
イメージ 3

・6月、関谷純は生徒を代表して文化祭を縮小しようとした教師側と闘った。
・文化祭を守ることには成功したものの、文化祭が終わった後、関谷は退学となった。

なるほど、筋は通っており、える達も納得します。
しかし、奉太郎たちが帰った後、えるは違和感を覚えます。

イメージ 4




でも、だったら私は
どうして泣いたのでしょうか…







うーん、まだまだ謎が残ったままですね。
奉太郎の推理は確かに筋は通っていて、
聞いている人を納得させるだけの論理ではあるものの、
まだ材料が足らないみたいです。

個人的に気になったのは、
摩耶花も言っていた氷菓第二号の表紙。

イメージ 5




沢山の兎に取り囲まれる中で
兎と狼が噛み合っている絵。







文集の表紙にしては、ずいぶんと攻撃的で物騒な絵だと思います。
もし、この絵が英雄関谷純を表現した絵だとしたら…
生徒という弱い立場である関谷は兎なのでしょうか、それとも狼…?

うーん、気になります!!

蛇足:グッときたシーン
なんだろう、今回は私服回だったからか、
ヒロイン2人がやけに可愛く描かれていたような気がします。
個人的に好きだったのが、

イメージ 6


おにぎりを作る
えるのうなじ、と







イメージ 7



えるの作ったおにぎりを
美味しそうに食べる里志を見て
やきもちを焼く摩耶花でした。








ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3