と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

てんむす1巻2巻 美味しそうに食べる子っていいよね!

先日、会社の用事で外出した帰りにラーメン屋で昼食をとりました。
ラーメンが来るまでの間、週刊少年チャンピオンを読みながら待っていたのですが、

いや~、チャンピオンおもしろいッスね!!

昔、コンビニで立ち読みした時は、エロとグロしかないと思っていたのに、
久しぶりに読んだら僕の心の琴線をグングン引っ張っていく漫画が沢山ありました。

さて、今日はその中で特に一目惚れし
その日のうちにコミックス1・2巻を買ってしまった漫画を紹介します。
それは…

イメージ 1


この作品を、一言で表現するならば
大食いスポコン漫画

主人公は表紙で走りながら天丼を食べているお団子娘、春風天子ちゃん。
中一で給食の白玉団子を64本も平らげる、食べることが大好きなおんなのこ。
そんな彼女が「食い道部」に入り、大食い競技の全国大会「天食祭」を目指す物語。

まず、読んで思った感想はこれでした。
美味しそうに食べる子っていいよね!!

イメージ 2





信じられるか…?
こいつ、この時点で1本100グラム
のスペアリブを8本も食っているんだぜ…









食べ物を美味しそうに食べる姿っていうのはそれだけで美しいです。
僕も食べることが好きで、基本的に出されたものは残さず食べます。
汚い食べ方はしないように心がけていますし、クチャラーは絶滅したほうが良いと思っています

テレビで一時期流行っていた「大食い企画」には一定数の反発がありました。
食べ物を粗末にするなと。たしかに、その通りだと思います。

しかし、この漫画で特に力を入れて描かれているのは
食へのリスペクト。

イメージ 3

イメージ 4




コミックス2巻、天食祭中部予選の1回戦で
天子の所属する結日高校食い道部は
桜学院「喰」い道部と対戦します。


結日高食い道部マネージャーの忍足九士郎は
口編の喰い道部に負けるわけがないと断言し、
その理由をこう語ります。


「食」は食事、食礼等に通じ、
「喰」は喰らう、むさぼり喰うに通じる。
大食い競技の選手は一般人より深く食に関わるもの、
その選手が軽々しく「喰」を使うことに怒りすら覚えるよ




大食い競技に必要なのは、大きな体ではない。
決められた時間で100%のパフォーマンスを発揮できる肉体作りに
出される料理によってそれぞれ異なる食べ方の知識とテクニック。

そして、食への礼賛の気持ちを忘れない事。
ごはん粒一粒残さない、手を合わせて「いただきます」「ごちそうさまでした」を言う。
人よりも多く食べることを追求することを描いたこの漫画では、
特に食べることへの尊敬の気持ちを徹底的に重視して描かれています。

だからこそ、読んでいる人に魅力的に見えるんだと思いました。


あと、食い道部メンバーのキャラも立ってて良かったですね。
僕のお気に入りは部長の立浪百理亜さん。

イメージ 5










日本一「いただきます」
の姿が美しい高校生に
認定してもいいのではないでしょうか!!













僕が読んだチャンピオンでも
部長さんの試合で、とてもアツい展開だったんですよね。
3巻以降も立浪部長の活躍が見られそうで、とても楽しみです!!


ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 7