と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

氷菓7話 温泉回といえば、やっぱこれでしょ!

氷菓の7話の感想でっす!

いや~、良かったですね!

イメージ 1



湯上がり
えるちゃんな!!








温泉と言えば浴衣!
浴衣と言えばうなじ!!
そりゃあ、奉太郎クンも湯あたりでのぼせた時に
こんな色っぽい格好で来られたら、たまりませんよ!!

それにしても、7話が温泉回だった事は早くから知られていて、
どれくらいサービスシーンが来るかって話題になっていましたが、
意外とおとなしめでしたね~。

イメージ 2



このえるちゃんが
素晴らしいという事には
全く異論はありませんが!!






温泉回っていうのはなー!
コレくらいやるべきなんですよ!!



…はい、アホ話はここまでにして、
今回の謎は「摩耶花とえるが見た首吊り影の正体とは?」

キーは、温泉旅館「青山荘」の娘姉妹。

イメージ 3イメージ 4



気の強い姉
梨絵









気が弱く、
姉に押し切られ気味な妹
嘉代






この2人の性格と関係性が物語の鍵を握っていました。

氷菓を見ていて、いつも興味深いと思っているのが、
一つの事件に対して最後まで真相究明はしない、って所なんですよね。

物語のコアでもあった関谷純事件はともかく、
前回の「数学教師は何故怒ったのか?」や
今回の首吊り影騒動に関して、
状況証拠を組み立てて、みんなが納得できる答えは出しますが、
実際の当事者にその真偽を確かめずに終わっているんです。

もちろん、奉太郎の出した答えが間違っているワケではないんでしょう。
ただ、それを裏付ける証拠がなく、当事者にも話を聞いていないため、
本当のところ、奉太郎の説は真実なのか?
そこの部分がちょっとボカされているような印象が残るんです。

イメージ 5



大事なのは、
真実を追究することではなく、
える達の好奇心を「納得させる」
答えを見つけ出せれば良い
ってことなのか、な…。





関谷事件に関しても、千反田家で出した結論に
一度は納得したものの、真実には足りない部分があったわけですし…
う~ん、気になります!!


ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3