と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

エクゾスカル零 3巻感想

エクゾスカル零の3巻を読みました。

関連:
葉隠覚悟が帰ってきた! 「エクゾスカル零」
エクゾスカル零2巻の感想


イメージ 1

一読した感想ですが、
暗い、すごく暗いよ…

かつては、弱きを守り、悪を打ち砕いてきた
最強の鎧を身に纏うことを許されたヒーロー達。

イメージ 2イメージ 3




















愛するものを守り、力なき人々からの歓声を糧に
持てる力を振るってきた彼らが永い眠りから目を覚ました時、
世界は既に崩壊した後だった…

イメージ 4

山口先生の描くヒーロー作品は
正義も悪も、その意味を持たない世界で
鎧を持つ彼らがどう行動し、どう生きるか、
そして彼らが貫き通そうとする「正義」を描きます。


イメージ 5






ヒロイン(?)である
エクゾスカル雪こと初夜六花
がどれだけ萌える事をやっても
可愛いと思うどころか
どこか笑えてきてしまうような
重苦しさが常にある作品なんですよね。












作者である山口貴由先生はコミックス最後のコラムでこう述べます。

胸を張れ、この世界の全ての正義失格者たちよ。
暗闇の中にいる者しか、星は発見できない。

守るものが存在しない世界に目覚めてしまった「正義失格者」たち。
孤独と言う名の暗闇で、彼らは星(正義)を見出すことが出来るのか…?

山口先生の渾身の魂を込めた作品に触れて、
僕たちの心は英雄に会った時のように高鳴るんだ。

蛇足
それにしても、
真面目な事を大真面目に描く事によって、
かえってネタになってしまう
のが山口作品なんですが、
今巻もどうしてもツッコみたい描写がありました。

ヴァールハイト精神城にて、
エクゾスカル震電の手によって復活した
エクゾスカル霹こと、九十九猛。
零たちの戦いを見て感想を述べるのですが…

イメージ 6

クレイジーだ…


対爆耐熱の強化服(スーツ)
を戦闘(バトル)
の真最中に脱ぎ捨てるなんて

まっとうな感覚(センス)の
兵士(ソルジャー)には到底
考え付かないことさ




…お前はルー大柴か!?

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 7