と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!! 19話 その2 episode of side-A(梓)

けいおん!!19話
感想その2です!

いや~、よかったですね~!

イメージ 1




峠の茶屋コス
梓&純な!!








純は、「マンモスの肉屋」のクオリティに驚いていましたが、
君達の和服衣装も、負けずに可愛いですよ!
そりゃあ、コンビニのバイト兄ちゃんも魅入っちゃうってもんです!!

イメージ 2

そして、
その視線に気付くあずにゃん
「やっぱ目立つよね…」
ってトコでしょうか。

ホント、細かい心情の変化まで
描きこまれているけいおん!!
は凄いなぁ、と毎度のことですが、
驚かされるばかりです。



梓にとっても、最後のライブ
さて、18話・19話では
3年2組の文化祭が中心に描かれました。
澪と律が主役を見事に演じきった「ロミオとジュリエット」。
アクシデントはあったものの、結果的に大成功。
結構な事です。

ただ、その裏で複雑な想いを抱いている人物がいる事も、紛れも無い事実で…。

イメージ 13





それは、もちろん
中野梓







思えば梓にとっても、この文化祭に対する
想いは並大抵のものではありませんでした。

けいおん!!15話より、
2学期の始業式の後、唯たちに駆け寄る梓。

イメージ 16




2学期始まりましたね!
2学期と言えば学祭ですね!
ライブですねっ!!






唯達3年生にとっては、高校最後の文化祭ライブ。
そして、それは唯一の2年生部員である梓にも言えることで。

放課後ティータイムとして文化祭の舞台に立つ最後の機会である事もそう。
更に、3年生が卒業したら部員が1人になってしまうことから、
梓自身高校最後の文化祭ライブになることも現実味を帯びてきました。

ただ、この状況というのは梓自身が選んでなった部分もあるだけに、
彼女の想いは「最後なんだから一杯練習して最高のライブにしたい」
という方向に動いている、そのように感じました。

私ったら、やな子…
イメージ 17



ただ一つの誤算は、
律達がクラスの出し物で
手一杯となってしまい、
軽音部の練習にあまり
顔を出せなくなったこと。






本番が近づくにつれ、
部室にも来られなくなってしまった3年生。
梓は、一人で部室で待っていたんでしょうね。

ギターの練習したり、トンちゃんの世話をしたり…
そんな描写は全くありませんでしたが、
独りで3年生を待つ梓を考えると、
唯達が卒業した後の事まで連想してしまい、
切なくなる事もあったんだろうと思います。


そりゃあ、愚痴の一つも言いたくなるってモンですよ。
でも、梓は基本真面目で、周りの事を考えられる子なんです。

唯たちの舞台を見に講堂を訪れた梓が、
「ライブなんて、もうどうでもいいのかな…」とむくれた後の一言、

イメージ 18





私ったら、やな子…







梓は理解しています。
律達にとって、クラスの舞台劇も大切なんだと。
頭では理解できるけど、どうしても出てきてしまう寂しい気持ち。
それが自分のワガママだってのも分かるから、辛い。
ぶつけようのない切ない気持ちが、この台詞に詰まっているように感じました。

言葉にして伝える事
イメージ 19イメージ 20









ロミオとジュリエット」の本番が終了し、部室で3年生を待つ梓。

律達の演技は、純粋に凄かった。
一朝一夕で出来るような物じゃないという事を理解し、
その上で、ようやくHTT全員でライブの練習が出来るんだと
楽しそうにギターを弾く梓を見ると、本当に健気だなぁと思います。

そして、僕が19話で感動したのがこのシーン。
律達が音楽準備室に来て、劇の感想を聞かれた時、
梓は本音を口にします。

イメージ 21



みなさんあんまり部室に
来ていなかったから、
ライブのこと、あんまり
大切に思ってないのかなって、
心配になっちゃって…






これは私見なのですが、
この台詞、梓は本当は言わないつもりだったのではないでしょうか。

直後に、フォローを入れようとしますしね。
暗に責めているように思われるかも…
心配をかけてしまうかもしれない…

本当は言うつもりはなかったんだけれども、
つい出てしまった。そんなニュアンスを感じました。

しかし、言わなきゃ伝わらないこともあるわけで!

イメージ 22イメージ 3









寂しかった、不安だった梓の気持ちを知った
律達はそれぞれの想いを梓に伝えます。

そして、梓のこの表情。
みんな、軽音部を大切に思っていたと知る事が出来たこと。
そして、音楽準備室に5人のやり取りが戻ったこと。

梓が本音を出したことで、
放課後ティータイムの絆は、
もう一段階強くなったのではないか。

そんな事を感じた19話でした。

イメージ 4


蛇足2:クオリティ高えな、この学校w
以下、蛇足でっす!
いやはや、それにしてもですよ…
この学校の文化祭のクオリティ高すぎでしょ!

イメージ 5イメージ 6









冒頭の峠茶屋もそうですが、
ヴァンパイヤ喫茶に、マンモス肉の出店…
どこも衣装が可愛すぎですって!
ここまで文化祭に気合入れている学校があったら
遊びに行きたいですよ…

イメージ 7


結論…

さわちゃん
グッジョブ!!







蛇足3:ウインクって上手くできないよね
19話で、とにかく笑ったのがココでした。

ウインクが上手く出来ない律&唯!
イメージ 8イメージ 9









なんかピクピクしとるーーー!!


でも、すごくわかるんですよ。
ピクピクしちゃうんですよねー、どうしても…。
そんな所までリアルに描く細かさは本当に凄いと思いました。

蛇足4:愛生さんパネぇっす。
リアルといえば、見ていて本当に凄いと思ったんですよ。
就寝直前のおしゃべりで、律のツッコミを貰ったときの

イメージ 10




唯の笑い声。






キャハハでもない、アハハでもない、
文字では表現する事の出来ない、
本当に楽しい時に出る、変なテンションの笑い声。

もー、何度聞いても感動するんです。
愛生さんを本当に凄いと思った瞬間でした。

蛇足5:笑いすぎ、笑いすぎ!!
3年2組の細かすぎる話、いきまーす!
本番直前、出演者達が衣装に着替える場面にて…

イメージ 11


神父さん役(?)の佐野圭子に
衣装を着付けてあげたついでに
ヒゲをおでこに付けた、この子は誰!?

むっちゃ笑っているし!
髪型から見て、砂原よしみあたりか…?



蛇足6:夕焼けの3年2組
続きまして、
夕焼けの教室のシーン。
イメージ 12

多分、これって3年2組ですよね。
唯が入っていたと思われる木もあるしw

みんなが帰った後に
2人っきりでおしゃべりをしている
シーンが凄く素敵なんですが、
誰だか分かりません!
三浦一子?


蛇足7:みんな気合入ってます!
文化祭って、良いですよね。
文化部にとっては最も気合の入るイベントの1つ。
軽音部もそうですが、オカルト研や演劇部にとっても
この日の為に頑張ってきた成果を出す場なんですよ。

イメージ 14



もちろん、
ジャズ研だって、そう。







へろっへろになって、梓と帰ろうと誘う純ちゃん。
さりげないシーンですが、ジャズ研もライブに向けて
猛練習をしているって事なんですよね。

作中には決して描かれないけれど、
100人居たら100通りのストーリーがあるんだろうな。
そんな事を感じました。

蛇足8:天使の寝顔
さて!最後は、ムギで締めましょう。

イメージ 15



寝袋で眠るムギちゃん。


なにこの天使!!





ってか、僕寝袋で寝たこと無いんですが、
髪の毛ってこんなにフリーダムな感じでいいんですかね!?
そりゃあ、流れるようなムギのふわふわヘアーが拝めて幸せなんですが、

寝癖がスゴい事になりそうですね!!

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3