と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!! 20話 その2 澪がステージで笑った日

けいおん!!20話の感想、その2です!

いや~、良かったですね~!!

イメージ 1




Tシャツを配る
若王子いちごな!!








和とさわ子が中心となって行った
放課後ティータイムへのサプライズ。
来場者全員にHTTプリントのTシャツを配るという
大掛かりなサプライズなだけに、
3年2組のクラスメイト達の協力があってこその成功!
だったのですが、いちごちゃん…

今、ライブ真っ最中ですよ?

見なくていいのかよ!?
って、心配になってしまいました。
いちごもしっかりTシャツ着ているだけに
興味が無いわけでは決して無いとは思うのですが…
自分の世界を持っている、いちご達のおかげで、
サプライズは更に完成度の高いものになったのでした。

けいおん!!20話 その1 唯:「ごめんなさい」から「ありがとう」へ

澪がステージで笑った日
さて、20話の感想、2回目です!

イメージ 2



今回は、
澪について
書かせていただきます。







20話の澪を見ていて、
本当にどうしようもないくらいに
感動してしまったシーンがあるのです。

イメージ 11



それがここ。

最後の曲U&Iで
楽しそうに歌う澪。


澪が、ステージの上で笑っている。
あの澪が…!!



恥ずかしがり屋で引っ込み思案だった、
あの澪が!!

イメージ 12

こちらは、1年生時の文化祭ライブ。
本来は唯がボーカルだったのですが、
さわ子の特訓でノドを潰してしまい、
急遽ボーカルをする事になった澪。

本番直前までボーカル
やりたくないと、ゴネていましたね。




律や唯達の励ましがあったおかげで、
ライブはきちんと出来たものの、
澪にとってはライブを楽しむという気持ちには
とてもなれなかった事は読み取れます。

イメージ 13



…ってか、
ふわふわ時間
を歌っている間は
PVが流れていましたし。






イメージ 14



続いて、2年生時の文化祭では
ギー太を家に忘れてきた
唯の代わりに、1曲目
「ふでペン~ボールペン~」
を歌う事になりました。





お茶碗事件や、新歓ライブなどを通して、
ちょっとずつ慣れてきた講堂の舞台ではありますが、
やっぱり表情は固いまま。

上記以外にも、
ライブハウスでの演奏や
秋山澪ファンクラブお茶会でのライブなど、
シリーズを通して演奏は何度もしていますが、
澪が楽しそうに演奏している描写って、本当に少ない。

そんな澪が見せた、ステージ上での笑顔。

ライブ経験や、ロミオ役を通して
舞台度胸が付いたという澪の成長?


もちろん、それもあると思います。

でも、やっぱり秋山澪の本質ってのはコレなんです。

イメージ 15




MCでロミオの
台詞を演じた後の
恥ずかしがる表情。







引っ込み思案で、緊張しい、
ロミオとジュリエットの時もそうでしたが、
大勢の前に立つのは恥ずかしいという
澪の本質は、変わっていません。

じゃあ、あの澪の表情はどこから来ているのか?
僕は、澪のこの一言に集約されるのではないかと思います。
メンバー紹介のMCで、澪が放った一言。

イメージ 16



私、
ここにいるみんなと一緒に
バンドをやってこれて…
最高です!!






そう、ステージの上にいるのは澪だけじゃない。
律がいて、唯がいて、ムギがいて、梓がいる。
沢山の人の前で演奏するのは、やっぱり恥ずかしいけど、
放課後ティータイムのみんなと一緒だったら、楽しいんだ。

澪が最後に見せた最高の笑顔は、
彼女自身の成長と、
大好きなメンバー達と一緒だからこそ
生まれた表情なんだと、僕は感じました。


イメージ 17


我慢しきれなかった澪
そして、けいおんシリーズで
最高の名場面である
夕焼けの音楽準備室

イメージ 3

ライブを終えて、
次は何をするかという話になり、
口々に、やりたい事を言っていく5人。

ケーキを食べて、
クリスマスパーティー
お正月、初詣…

そして、口火を切ったのが、澪でした。

イメージ 4





それから…
次の新歓ライブかぁ。






合宿に、クーラー、文化祭ライブ…
5人でやりたい事は、沢山ある。
でも、もうそこには高校生である唯達はいない。

そんな事、5人とも分かっています。
でも、ここまで誰一人、その事を口にしませんでした。

イメージ 5



特に、印象的なのがココ。
ライブ直前、唯は
学園祭ライブも3回目だよね。
と言います。






決して間違ってはいないけれど、
とても不自然な言い方だと思いました。

僕は、こう考えます。
これが最後の学園祭ライブだとは分かっていたけれど、
それを口にはしたくなかったのではないかと。

分かってはいたけれども、
その現実を口に出したら、もう止まらなくなっちゃう。

楽しい時間にも、いつか終わりがやってくるっていう現実を…。

唯たち3年生が、その現実を見つめるきっかけになったのが、
澪が放った、ありえない「次の新歓ライブ」という言葉だった。


そんな青春に、僕達は感動を覚えるのかもしれません。

イメージ 6


次回予告
さてさて!
20話レビューはまだまだ続きます!!

その3では、この2人について考えます。

イメージ 7イメージ 8









田井中律琴吹紬

テーマはこれでいこうと思います。

イメージ 9



1.メンバー紹介を
あっさりスルーした律。







イメージ 10




2.駄々っ子ムギ。








お付き合いしていただけると、嬉しいです。

関連:
けいおん!DVD3巻 律のリーダシップ 和の親心
けいおん!! 18話 その2 ロ澪とジュ律エット


ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3