と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

みつどもえ 234卵性 合言葉は「ウムウムウム」

みつどもえ234卵性の感想です!!

その前に…
別冊チャンピオン10月号の
みつどもえ特典をご紹介!!

まずはこちら、
みつどもえ」6年3組全員集合ポスター
イメージ 1

さて…
どこからツッコもうか…ッッ!!

とりあえず、お前ら
ちゃんと大縄跳びしなさい。

・自由すぎる杉崎・千葉氏・宮下、自重。
・穿いているモノが既にスカートの役割を果たせていない、みつば。
・松岡は、その数珠で何を捕まえようとしているんだ?
ひとはに言い寄っている(ように見える)宮なんとかさんか?
・しょうがない隊は、そのジャンプ力だと頭で縄が引っかかります。
そして、安定の加藤さんガード!今日もおがちんのスカートの中は守られた…!

イメージ 2





あと、注目なのは、
後ろを気にしている
おで子(虻川さん)
だったります。


6年3組全員集合という事で、
モブキャラも勢ぞろいなんですが、
おで子、リーダーっぽいんだよなぁ。


だって、この大縄跳びで
後ろを気にしているのって、彼女だけですよ。
(佐藤は、しょうが隊の攻撃から
身を守ろうとしているだけだからノーカン)





これは、今後の物語で
おで子を中心にモブキャラ達も活躍していくぜ!
っていう、のりお先生の宣言!?
…だったらいいな!

イメージ 3




続きまして、
みつどもえ12巻用の
着せ替えカバーふろく!


佐藤信也が好きでしょうがない隊が
表紙を飾っています。

3人の小指から出る赤い糸が
1本になって、佐藤の元へと飛んで行く…
そして、その糸を必死に避けようとする佐藤。

なんとも、しょうが隊と佐藤の関係性を
上手く表現されているなー、と思いました。






ちなみに、しょうが隊から出ている赤い糸ですが、
正規の12巻カバーとくっつけると…

イメージ 4

ひとはに赤い糸を切られそうになっている!!

なになに!?どういう意味だ、これ!?
ちょっぴり意味深。
でも、意味なんてないんだろうなー。

以上、みつどもえ特典のご紹介でした!

痴女い!でも、エロくない!!
みつどもえ234卵性、読みました!
いや~、よかったですね~!

イメージ 5






プライベート水着
みっちゃんな!!


痴女い…
痴女いよ…!!

小学6年生で
その水着はAUTOです!!

主に、バストとウエストの問題で!









その水着を着こなすには、出ているべき部分が出ていない。
出ているのは、おなかだけで、くびれ皆無な逆ワガママボディ。
痴女いけど、全然エロくない!

でもまぁ、そりゃそうなんですよ。
この子達、まだ小6だもん!!

ふたばや吉岡みたいに発育の良い子もモチロンいますが、
みつば達が、もっと女性らしい体つきになるのは、これからの成長です。

ただ、周りの子よりも背伸びしたくなるのも、この年頃なんですよね。
イメージ 7

234卵性は、その背伸びをしたがる女の子達の悪戦苦闘を描いた回でした。

イメージ 6




パット初心者ひとはが、
ベテランパッター杉崎に
初めてのパットを貰う図。

心の絆創膏なのよ。

2人でウムウム言いながら
自分達自身に対して
良い訳をしている姿が
まさにお年頃の女の子って感じがします。








もうちょっと掘り下げると、ひとはと杉崎。
2人の悩みは一緒なのですが、その原因というか
向っている方向性は微妙に違っているなー、と感じます。

ひとはは、同年代の子と比べても発育が遅いという
自分自身への焦り・コンプレックスが原因。

対して、杉崎はチーム杉崎のリーダとして、
(主に吉岡に)「杉ちゃんすごーい」
って言われ続けるため、
自分のポジションを守るための対策なのかなあと。

それぞれに事情はあるものの、
自分を大きく見せたいという二人の悩みは共有されたわけで、
ひとはと杉崎という関係性が更に深まった
「ウムウムウム」なのではないかと感じた、234卵性でした。


蛇足:ふたばを呼べー!!

イメージ 8




それにしても、
パットで失敗した杉崎の対策が
特殊メイク技師に盛って貰うとは…


なんたるスケール!!
さすがブルジョアは違う…(違う


で、大事な所が無い所から、
お話が転がっていくという
移籍後いきなりの直球ストレート!


僕は、この絵を見て、
まず思ったのがコレでした…







ふたばを…
ふたばを連れてこーい!!

あのおっぱいマエストロなら
きっとやってくれるはずだ…ッッ!

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 7