と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

じょしらく 13話 おもしろければいいのよ、おもしろければ

じょしらくの13話、最終回を見ました。

いやー、よかったですね!

イメージ 1




まさかの新キャラ!
宇座亭ウザンヌ
(うざってい うざんぬ)な!!





Aパート「キャラつぶし」
最終回なのに、まさかのてこ入れ。
っていうかコイツ、その名の通り、
超うぜえええ!!

イメージ 2


相手を小ばかにしている
語尾を上げる口調。

キャラを被せて真似てくる所。

CV:新○○子w




こいつ、本当にウザイ!
でも不思議…、あんまり嫌いじゃない!!

近くにいたらウザくて友達にはなりたくないけれど、
遠目で見ている分には自由奔放で、ちょっと可愛い…。
新谷良子が声を充てているのも、絶望先生のウザキャラ
日塔奈美を演じていたからですよね。(それもウザイけどw)

ウザ可愛いキャラ、ウザンヌちゃん。
意外とホントに、てこ入れになったりして…

イメージ 8

でも、
最終回のエンディングで
覆面のポジション
を奪って出てきやがった…。

やっぱ、
うぜえええええええ!!!



魔宮アキハバラ

イメージ 9



総武線ホーム
のミルクスタンド…






イメージ 10


苦来達の歩く方の階段だと
山手線・京浜東北線
ホームに出ちゃうんですよね。

あるある!!





最終回で、とうとうきたぜ!
秋葉原!!

イメージ 11

学生時代の時分、総武線沿線の大学に通っていたため、
秋葉原駅は通学で毎日降りていた駅なんですよね~。

ガンちゃん曰く
「迷い込んだら二度と戻ってこられない」
という秋葉原駅魔の迷路。

慣れるまでは、
本当に乗り換え一つ、降り口一つで迷うんだよなー。
なんて、なつかしい気分に浸ってしまった。

オタク趣味に目覚めてからは、
学校帰りに用事も無いのに降りて、
物欲の街を闊歩したものです…

それにしても、
じょしらくBパートで一貫として行われていた
東京観光地案内。
良く知っている街だと、
その再現の精巧さに驚かされました。

ゴーゴーカレーに、とらのあな本店。
イメージ 12イメージ 13








イメージ 14




そして、いつまで
経っても変わらない
万世橋





Cパートで手虎は
「頑張って作ったけどBパート要らなかったんじゃない?」
なんて仰っていますが、なんだかんだで楽しめたのは
僕だけじゃないはず…
グッジョブ!J.C.STAFF!!

なんとも落語的
Cパート「ちょいたし講釈」
ラストエピソードで、
いきなり手虎が爆弾投下!

イメージ 15




漫画は漫画として読めば良い。
なんで、アニメにするのか?







動く必要の無い会話劇の漫画
をアニメにして放送する必要があるのか?

1クール放送してきて、なんたる根本的なツッコミ…

っていうか、このツッコミ、
1話ですでにやっていますよねw

1話で投げかけたツッコミを
最終話で天丼するなんて、なんとも落語的。

イメージ 4

でもさぁ、1話のリメイクって
かってに改蔵でもやりましたよね?
久米田先生?





おもしろければいいのよ、おもしろければ

さて、じょしらくも最終回を迎えてしまいました。
あの、久米田康治先生がフキダシ係…
もとい、原作をやっている漫画のアニメ化という事で、
毎週かなりの期待を持って見ていたのですが
やっぱり面白かったですね!!

もう終わってしまったのか…というのが正直な感想です。

落語という、動きに欠ける作品のアニメ化。
絶望先生ほどじゃありませんが、ブラックな社会風刺。
アニメオリジナルの東京観光地訪問。
マリーさんのおしり…w

ツッコミどころも沢山ありましたが、
やっぱり手虎のこの台詞が、
じょしらくを表現しているのかもしれません。

イメージ 3




アニメになっても、
それが販売されても、
おもしろければいいのよ、
おもしろければ。






そう、楽しませていただきました!
ありがとう!じょしらく!!

イメージ 5


蛇足

イメージ 6


「ちょいたし講釈」にて
ガンちゃんは
「要らんモン足したり、
変なアレンジ加えるなと言いたい!」


と主張していました。




当ブログのじょしらくレビューにも
ありますよねー、余計なアレンジ。

なにかって?

この蛇足


イメージ 7




おあとがよろしいようで。








ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3