と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

中二病でも恋がしたい! 6話 一色誠の男気

中二病でも恋がしたい!6話を見ましたよ!

いやー、よかったですね!

イメージ 1




戦慄の黒夢
(ナイトシエスタ
くみん先輩な!!







六花が作った結社専用の制服。
ベースは黒!漢字で書いてカタカナ語で読む!
結社ナンバーは、みんなゼロ!!


さすが六花!中二病のツボを見事に押さえておりますw

そして、さすがと言えば、くみん先輩!
名乗りはたどたどしいものの、おしりをフリフリ、男のツボを見事に押さえております。
ブルーレイではハートエフェクトが消えているのですね、わかります。

アホ話はともかく、ポーズを決めた後に興奮気味に頬を染める、くみん先輩。
六花や凸守と一緒に過ごしていくうちに、だんだんと中二病の世界に足を踏み入れていっているようです。

イメージ 2

4人の中で唯一中二病とは
無縁の存在だったくみん先輩。

パニッシュメント
ディス ワールド!!


くみん先輩の
中二病バトルが
見られる日も、近い!?



一色誠の男気
さて、6話の主役は、モチロン彼でした。
イメージ 8




一色誠くん!







1話から「モテたい、モテたい」と主張してきた健康優良児
その努力が実ったのかどうか、女子からのラブレターを貰ったのはいいものの、
テンパりすぎ、クラスの「かわいこちゃんランキング」を書いた手帳を落としてしまいます。
あまつさえ、その手帳をクラスメイトの女子に拾われ、クラス会議に発展してしまうという
天国と地獄を一度に味わう事に…

まさか、ここで2話の小話が伏線となってくるとは…。
でもさ、一色君は立派なモンだと思いますよ。
首謀者ではあるものの、男子全員が負うべき
責任を一手に引き受けて頭まで丸めるんですもの。

たとえ、それが「モテたい」という打算の上であったとしても!

こういうのは、動機が不純で結構なんですよ。
あのクラス会議で黙っていても、自分が首謀者だとバレるのは時間の問題。
だったら、自ら名乗り出て謝罪し、ケジメをつけたほうが男気をアピールできる。

それが分かっていても実際に行動に移すことが、どれだけ難しいか…!

もちろん、そんな浅はかな考えを見抜いて
一色君の事をもっと嫌いになる女子だっているとは思いますが、
実際にケジメをつけた一色君を見直した女子も、少なからずいるはず。

イメージ 9

このシーンが、凄く面白い!
自白する一色君に対する女子の反応なんですが、3種類に分類できます。

1.正面を向いたまま(無関心)
2.一色君から目をそらす(嫌悪)
3.一色君に注目する(興味・関心)


六花もそうなんですが、「どうでもいい」って思っている子(1)が一番多い。
左手前の子や窓際の子のように、完全にそっぽ向いちゃっている子(2)もいるのですが、
それと同程度、一色君に注目している子(3)もいるんですよね。

もちろん、3の子もすぐに好意に結びつくとは言えませんが、
行動に移した一色君に対して、興味や関心を持つきっかけにはなるのではないでしょうか。

…何が言いたいのか?
たとえ打算の上だとしても、行動を起こす事で好転するケースもあるという事。
今回の一色君の行動で、彼が求めたモテへの道も開けるのではないか、

という事でした。

イメージ 10


たとえ
坊主頭だとしてもね!!








小鳥遊家にまつわるターニングポイント
さて、今回は一色君の話が面白すぎて忘れそうになるのですが、
冒頭と中盤、そして最後に物語の転機を伺わせる描写がありました。

携帯を手に、深刻そうな表情になる小鳥遊姉妹。
イメージ 11イメージ 12







イメージ 13



そして、
勇太の手を握る六花。


おそらく、2人に届いた
メールは同一の内容でしょう。
つまり、小鳥遊家にまつわる話。



六花はどうして姉の家に住んでいるのか?小鳥遊姉妹の両親は?
もしかしたら、六花が中二病に入り込む原因も判るのかもしれません。

イメージ 3


夏が、始まる…

OPで六花たちが
遊ぶ海をバックにした引き。

どんな話になるのやら…!





うおー!盛り上がってまいりました!
次回も楽しみです!!


蛇足1:プライベート空間ですもの
さて、以下蛇足でっす。
アバンにて、勇太の部屋に遊びに来る六花なんですが…
イメージ 4

床ノックで、来ていいか
ちゃんと確認しているんですね。

勇太に言われたのか、
4話で秘本を発見してしまい、
察した六花の気遣いなのか…

プライバシーは大切にね!




蛇足2:カタカナなのがミソw
美術の授業で、写生を女子に褒められた勇太君。
漫画とか描いているのかという質問で蘇る苦い記憶…
イメージ 5



中二病時代に描いたイラスト達。

失ったはずの
オレの輝翼(ツバサ)が…

ってw




制服を作った六花もそうですが、
本当に中二病患者って、
漢字をカタカナ読みさせるのが好きだよなw

蛇足3:ホントは友達少ない?
まー、これはアニメだと良くある事なんで考えすぎかもしれませんが、
イメージ 6



森夏って、
未だにクラスメイトから
丹生谷さん
って呼ばれてるんですね。






普通、仲良くなったクラスメイトだったら
名前で呼ばれるものだと思うんですが、
実は、森夏も六花並に友達がいなかったりして…

森夏の隠している本性って、女子にはなんとなく感づかれて、
結構評判悪かったりするのかなー、なんて思ってしまったw

蛇足4:凸守スペック高えな
最後は、コチラ。
一色君の断髪式前の凸守VS夏森のバトルなんですが…

イメージ 7



おいおい凸守…

回しとび蹴りって…!!






体が小さいからか、最後は森夏に抑えつけられるけど、
頭脳は超中学生級だし、身体能力もずば抜けている事が判明しました。

凸守早苗…おそろしい子…!!

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3