と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

リトルバスターズ! 12話 ちゃんみおバスターズ

リトルバスターズ!の12話を見ましたよ。

いやー、良かったですねー。
イメージ 1




BLプロデュースを
模索する、ちゃんみおな!!








理樹からマネージャーのお誘いを受けた際に、
なんとアイドル的な意味でのマネジメントを引き受けた美魚ちゃん。

「棗×直江…これはいけます」


まさかのBL展開。
さすが本を沢山読んでいるだけあって、そっち方面にも強いのねw

それにしても、美魚の腐女子な一面を見せられて思い出したのが…
イメージ 2


今後、コメディタッチな場面では美魚の事を
ちゃんみおと呼ぶ事にしますw

美魚の真意はどこにある?
どうやら12話からは、ちゃんみおルートに入った模様。

リトルバスターズのマネージャーとして参加する事になった美魚は
他人とのコミュニケーションがちょっぴり苦手。

恭介の粋なはからいなのか、気まぐれか、
美魚を主役に据え、短歌コンクールへの参加を企画しますが、
短歌の歴史を延々と述べ続け、みんなを夢の世界に連れて行ってしまいます。

イメージ 3イメージ 4









居眠り小毬が可愛すぎる!!

…じゃなくって、この後みんなでワイワイと短歌を作ろうとする
メンバーを尻目に出て行ってしまった美魚は何を思ったのでしょう。

イメージ 5




理樹は、一人で本を読んでいる
美魚に、かつての自分を重ねました。






両親を亡くしてふさぎ込んでいたときに
差し伸べてくれた恭介たちの手に救われた自分を。

だから、かつての自分と同じように一人きり
になっている美魚を放っておけなかったのですが、
果たして美魚自身は、差し伸べられた手を望んでいたのか…。

理樹のしていることが余計なお世話だなんて言うつもりはありませんが、
こういうのって、結局本人の気持ち次第だと思います。
美魚自身が変わりたい、行動を起こしたい、って思わないと結果は付いてこないものです。

まー、12話現在では美魚の言っている事は概念的過ぎて、
何が言いたいのか良く分からないのですが、
彼女の真意ってのは次回以降に動く物語とともに分かるんだろうな。

さりげなさすぎるw
12話で、なにげに微笑ましかったのがこのシーン。
ちゃんみおと携帯番号を交換しようとするリトルバスターズ女子メンバー達。
姉御の協力を得て番号を教えてもらおうとするシーンですが…

イメージ 6




いつの間に鈴まで参加して
ワン切りしようとしている件w







本当は鈴も知りたかったんだよね。
でも言うのが恥ずかしかったんだよね。
さりげなーく電話番号を入力している鈴に萌えましたw

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3