と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!! 最終回 その2 手のポーズに見る、唯と和の関係性

けいおん!!最終回の感想その2です。

いや~、良かったですね~!!
ボケるムギな!!

イメージ 1




うちわに
しちゃうとか~。








卒業式の会場に持ってきてしまった、さわ子先生への寄せ書き。
式の間どうしよう、という話になって飛び出したムギのボケ。
何が良かったってさ、ちゃんと澪がツッコんであげているって所ですよ。
「いや、そういうのいらないから、卒業式に…」ってさ。

ムギがボケて、澪がツッコむ…
これって14話でムギが求めていた関係じゃないですか!
紬が憧れていた「律と澪」「唯と梓」のような距離感の極めて近い関係。
夏期講習で律に教えてもらって以来、少しずつ出来るようになってきた紬のボケ。
それに対して遂に澪からのツッコミをもらえた…
さりげないシーンですが、紬の成長が伺える場面ではないかと感じました。

さらに!
その直後に唯がボケを被せてくるんですよね。
「さわちゃんに預かってもらうか~」と。
イメージ 2


それを聞いたムギの表情…

ここ!
この表情ですよ!!


「唯ちゃん、面白~い」
ってトコでしょうか…。




ボケに関しては一枚上手の唯の発言を聞いて笑っているムギ。
唯のボケに楽しみつつ、更にムギはボケを磨いていくんだろうなー、と感じました。
これは後述いたしますが、セリフもない一瞬の描写だけで
視聴者にストーリーを伝えてくる京アニというスタジオは本当に凄すぎると思います。


関連:けいおん!! 最終回 その1 これは「はじまり」の物語
けいおん!!14話 その2 紬が本当に欲しかったモノ

唯と和の関係性
さて、最終回の感想その2では彼女達について考えます。

平沢唯真鍋和

幼稚園の頃からずっと一緒だった…
というか和にくっついて来る唯というのが二人の関係でした。
それが、高校に入って初めて唯は和の手を離れ、「軽音部」に入り3年間を過ごしました。
そして、ずっと一緒だった二人は大学進学で初めて別の進路を進む事に…

唯にとって、卒業とは本当の意味で
和の手元から離れていくことを意味しているのかもしれません。

イメージ 6



まー、卒業式当日も唯は登校途中で
転んで破けたタイツを替えるのに
和に付き合ってもらってますがねw





この場面がすごい。
クラスで卒業証書を受け取った後の唯達と和。

イメージ 7




私、
生徒会室に寄っていくわ。








階段を上っていく唯。階段を下りていく和。
唯たちが軽音部で過ごしてきたように、和にも生徒会として活動してきた3年間があります。
それぞれが、それぞれの青春を過ごしてきた場所へと向うこの場面。
ずっと一緒にいたはずの友人との別れ、そんな事を表現しているように感じます。

そして、一番印象的だったのがこの場面。
分かれる直前、和に「一緒に帰ろう」と言う唯。
それに対して何も言わずに示した手のポーズ
イメージ 8イメージ 9









何も言わなくても伝わる「了承」のサイン。
唯にも伝わり、おなじポーズをします。

この手のポーズは何を意味しているのか?

僕は、これじゃないかと思います。
イメージ 3




けいおん!!5話にて、梓が
ジャズ研の1年生に教えてあげた
指が動くようになるストレッチ。





作中に描写はなく、僕の私見でしかありませんが、
唯がギターを始めたばかりの頃、
和にも付き合ってもらって、このストレッチをしていたのではないでしょうか。
(ちなみに、憂は唯に付き合って一緒にストレッチをしていたとの事)

それぞれ青春を過ごした場所は違うけれど、
卒業後に進む道も分かれるけれど、
二人で練習をした日々を忘れることなんて無い。
そんな唯と和の絆のようなモノが、あの手のポーズには含まれているのではないかと感じました。


イメージ 4イメージ 5









…今日はここまで!
その3に続きます!

関連記事:
けいおん!DVD3巻 律のリーダシップ 和の親心
けいおん!12話 追記 和・憂・さわ子から見た「軽音!」
けいおん!!8話 「進路!」 和の爆笑、さわ子の微笑
けいおん!! 23話 その1 「思い出」を巡るすごろく

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

¥¤¥᡼¥¸ 3