と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

たまこまーけっと 4話 あんこの小さな成長

たまこまーけっと4話を見ましたよっ!

いやー、よかったですね!
イメージ 2





三角巾史織な!!






お祭りの日に、たまやの手伝いに来た史織ちゃん。
たまこやあんこ、かんなもそうですが、三角巾を付けた女の子って良いよね!
エプロンとか三角巾とか、女の子の家庭的な姿に男はかくも弱いものか…w

でも、それ以上に良かったのは、たまこと史織の距離の縮まり方ですよ!!

前回(4月くらい)までは「北白川さん」「朝霧さん」って苗字で呼び合っていたのに、
今回(五月?)は「たまこ」「史織ちゃん」って呼び合う仲になっているじゃないですか。

いいね、いいねーー!
ちょっと前までは「ありがとう」すら言えなかった史織が、どんどんたまこ達と打ち解けていく。

イメージ 3



みんなで鼻に粉つけて
仲良く笑っている史織たちを見て
ほっこりしたり、ジーンときたり…





あんこの小さな成長
さて、4話はあんこ回。
今回はアバンからヤバかった…
イメージ 4



幼い日のあんこ。
商店街のお祭りで
おめかしをしてもらうのですが、
この後姿の女性、
お母さんなんですね。





白粉塗ってもらって、可愛いって言ってもらった楽しかった記憶。
お母さんと一緒にいた楽しい記憶ってのは、いなくなってしまった後だと
思い出すだけで悲しくなってしまうこともあるのではないでしょうか。
あんこが、お祭りに対して初めからあまり乗り気じゃ無かった理由は、
好きな男子と博物館に行けなくなっただけではなく、
お祭りから、お母さんのことを連想してしまうという事もあったのではないかと感じました。

そして、素晴らしかったのはあんこの成長も描かれている所です。
博物館に向う途中、花屋の主人に頼まれて手伝った、着付け。
むずがる子に、あんこが掛けた言葉。
イメージ 5





目をつむって、
頭の中で10数えて?






更に、着付けが終わった子に「かわいい、お姫様みたい」と言ってあげること。
これらはかつて、あんこ自身がお母さんに言われた言葉なんですね。

あったかい言葉で子供は育つ、
そして、あったかい言葉で育った子が、あったい言葉をかけてあげる…

お祭りを楽しめるようになった、あんこ。
ちょっとだけお姉さんになった、あんこ。
あんこの小さな成長に、とってもあったかい気持ちになりました。
イメージ 6


蛇足1:化石好きとしてツッコまざるを…
それにしても、博物館のお土産でアンモナイトですか…
イメージ 7



こんな立派なアンモナイト
1万円はしますぜ!!


子供が出し合っても
買えるようなもんじゃねぇw




蛇足2:鳥ぇ…
たまこに薦められるがまま、おもちを食べ続けたデラちゃん。
食べすぎで胃を悪くしてしまったようだったんですが…
イメージ 1




動物用の胃薬ってww








そんなモンあるんかいー!ってツッコミと、
すぐにトイレに向った様子から、まさか下剤?という疑問が湧いてきますw

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3



ツイッターはじめました!
https://twitter.com/go_wingload

遊びに来てくれると嬉しいです。