と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

みつどもえ 242卵性 男心と群像劇

みつどもえの242卵性、読みました!!

いや~、良かったですね~!
イメージ 1


息子に奉仕させる千葉氏ママな!!



さて問題です。
これは、何をしている光景でしょうか?

ヒント1:スーパーまるえつで買い物帰りです。
ヒント2:トレーニングの一貫だそうです。
ヒント3:強くやらなければダメだそうです。



答えはわかりましたか?
正解は…
イメージ 2




『被技・ブラホックはずし』
の特訓でした!!



女子を恥ずかしがらせる秘技の開発に
余念のない健康優良男児、千葉氏。
いつもはマネキンに母親のブラをつけて
特訓をしているのですが、マネキンは237卵性
で使い物にならなくなってしまいました。



そんな息子のピンチに立ち上がったのが
息子のエロに手厚い、千葉氏ママ(千葉和美)。

なんだろう、242卵性は千葉氏親子回だったんですが、
千葉氏ママ、むっちゃ可愛いんですよね。
ジャージにポニテ、たまに見せる開いた目の表情…
色っぽいというよりか、凄くキュートなお母さんなんですよ。
顔は千葉氏そっくりなのに。
イメージ 3


言動もすっごくチャーミング。
あれだけ息子にブラはずしの特訓をさせておいて、実はノーブラだったことをばらすトコとかね!

てぃへっってw

んで、そんな千葉氏ママの発言を聞いて
吐きそうになっている千葉氏の反応がまた良い!

そう!これが思春期男子の反応なんだよ!!



どれだけ仲が良くっても、どれだけ美人であっても、自分の母ちゃんだぜ。
そういう対象には天地がひっくり返っても見られないワケですよ。

イメージ 4

さらに、面白いのがココ。
佐藤のお母さんに対しては
ちゃんと反応できるってトコなんです。


お前の母ちゃんスケベな!!

興奮を隠すことが出来ない千葉氏と、
自分の母親を性的対象に見られて怒る佐藤。



本当に、見事なくらいエロに関する男心を描き出す桜井のりお先生…
桜井のりおって、実は男なんじゃね?
どこまでも男心、女心を熟知しているのりお先生には本当に感嘆いたします。

群像劇の一コマ
みつどもえの魅力といえば、
コマの隅から隅まで一人一人のキャラが動いている群像劇側面。
その回の主要キャラはモチロンのこと、モブ的役割のキャラにも表情を与えて
それぞれが抱いている感情や思考が丁寧に描かれています。
この242卵性でも、端的に表わされているコマがあったのが印象的でした。

その一コマが、こちら…
中華まんをノドに詰まらせてしまったみつば。
その背中を叩いてあげたら、みつばのブラが外れてしまったシーン。
イメージ 5


怒る被害者(?)みつば。
偶然だと、弁解する佐藤。
エロに手厳しい佐藤母も怒ってます。
逆に、千葉氏ママは佐藤のテクに関心。
千葉氏自身は秘技を取られた事にショックを受け、杉崎はドン引き、吉岡は恥ずかしがっている…

こんな小さな一コマで、
7人の感情や思考が読み取れます。

後頭部だけの宮下は分からないけどw



僕が大好きな「けいおん!」もそうなのですが、
世界は主人公達だけで構成されているわけではない。
クラスであったり、町内会であったり、会社だったり、
社会という世界の中で周りと触れ合って物語は生まれてくるものだと思う。

漫画という小さなコマの中を縦横無尽に遊びまわるキャラ達。
そんな、飛び出してくるような力強さっていうのが、みつどもえの魅力の一つなのかもしれません。

蛇足:レアシーンゲット!
それにしても、
イメージ 6




照れるふたばってのが
新鮮すぎて、可愛すぎて…!!

あのふたばが恥ずかしがっている!





普段着が既に下着のふたばが
恥ずかしがっている理由は…
別冊チャンピオン2月号か、
みつどもえ13巻(発売日未定)にて!!

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 7



ツイッターはじめました!
https://twitter.com/go_wingload

遊びに来てくれると嬉しいです。