と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

リトルバスターズ! 22話 辛い現実に立ち向かう

リトルバスターズ!22話を視聴しました。

いやー、よかったですねー。
イメージ 1


自重している
姉御な!!






…は?どこが自重しているんだって?
それは、普段の姿と比較すれば、明らかになっていきます…

イメージ 2



はい、どうぞ。

…ね?






そりゃあ、そうですよ!!
普段から可愛がっているクドのお母さんが大変な時なんですから、
おっぱい放り出している場合じゃない!ボタンだって、一個多く締めるんです!!
姉御は空気が読める子なんだよぉおおおおおおお!!

…ごめんなさい。
コレくらいふざけないと、この回の感想は書けません。

鈴の辛さと、逃げること
テヴァでのロケット打ち上げは失敗し、クドのお母さんの安否は不明のまま。
そんなクドに、汚染が懸念されるテヴァへの渡航許可が下りました。
安否確認のため。もしかしたら、遺体の身元確認のためだったりして…
みんな絶対に口には出さないけれども、そんな絶望的な思いが雰囲気をどんどん重くしていって…。
イメージ 3


そして、
新たに判明したクドの秘密。

クドは宇宙飛行士になる為の学校に
付いていけず、日本に逃げてきた。





辛さから黙って逃げていった自分には、お母さんと会う資格なんてない。
その独白を聞く鈴の姿ってのが辛そうで、苦しそうで。
クドがテヴァへ行くべきかどうかを話し合う中で、
小毬の希望的観測を肯定できず、鈴は飛び出してしまいます。

「帰らなくって良い。悲しいことや怖いことなんか見なくて良い。クドが、かわいそうだ…」


辛いことに対して、逃げるのか立ち向かっていくのか。
これは、小毬ルートの時も葉留佳ルートの時も取り上げられたテーマでした。

個人的な話ですが、僕はいつもこのテーマを見ると
「逃げたっていい。世の中に無数にある残酷な事を全部受け入れられるほど、人間って強くないよ」
そんな風に考えてしまいます。

それは、優しさなんかじゃなくて、自分も色んな事から逃げている後ろめたさがあるから。
臭いものには蓋をしたいし、避けられるトラブルだったら逃げたいと思う。
受け入れてもらえずに傷つくのが怖くって言えないことも沢山あります。
自分の事を棚に上げて、簡単に「逃げずに立ち向かえ!」なんて言えないよ。
個人的な話、終わり。

…何が言いたいのか。
クドの独白を聞いて辛そうにしている鈴にも、自分の弱さに起因するしこりがあって、
それがリトルバスターズのテーマの一つなのかな、と思いました。

超展開
一度はテヴァへ行くことを断念しようとしたクド。
クドが捨てようとした、彼女の夢が詰まった箱を手に理樹はクドに語ります。
「クドは、お母さんに会いたいんだ。その気持ちから逃げちゃいけない」と、
そして、必ず帰ってくることを約束し、クドはテヴァに旅立っていきました。

がんばれ!クド!!


…そう思ったのもつかの間、次回予告。
イメージ 4



クドの命が危ない!!







えええええええええええええええええええええ!!!!!!!
もう帰ってきたんだと思ったら命が危ないって…
どうなっちゃうの、コレ??


ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3



ツイッターはじめました!
https://twitter.com/go_wingload

遊びに来てくれると嬉しいです。