と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

たまこまーけっと 10話 みどりの壁、突き破るかんな

たまこまーけっと10話を見たよー。

いやー、よかったですね!
赤面みどちゃんな!!
イメージ 1


文化祭での振り付けが思いつかない!

必死すぎて、商店街のシンボルに
「アイデアが浮かびますように」
とお祈りする始末。

見られていることにも気付かずに…。


我に返り、真っ赤になった御尊顔を両手で隠すみどりちゃん、マジみどりちゃん。
もう周りが見えなくなっているんだろうなー。必死なみどりちゃんがすごく可愛かった。

さて、今回の主役みどりちゃんですが、
一生懸命考えるものの、どうしても出てこないアイデア
部長として引き受けた以上、今更出来ないなんて言えない…。

いや、出てこないんじゃなくって、自分の満足できる領域に辿り着かないって方が正しいかな。
みどりの部屋のゴミ箱にうず高く積もったボツ案を見ているとさ。
本や資料を参考にして考えてみるものの、納得いくモノにならない「コレジャナイ感」。
なんとなく、わかるような気がします。

人には向き不向きってのが必ずあります。
イメージ 2



だって、みどりが考えた
コスチューム案は
満場一致で決定するほどの
完成度だったんだもの。






思えば、チョイの服を買いに行く時に一番ノリノリだったのはみどりでした。
みどりはファッション方向への才能が秀でている子なんでしょうね。
一方、振り付けなど全体の構成を考える方向には自信なし。

もちろんそれは、みどりが悪いんじゃなくって、あくまで向いているかそうじゃないかって話です。
いくら考えたって出ないものは出ないよ。

で、大事なのは、出来ない時に助けを求められるかどうか、なんですよね。
みどりは、助けを求めることが出来ない子。
自分の弱いところを出せない子なんでしょうね。
イメージ 3



多分、
かんなが証拠を突きつけない限り、
言えなかったんだろうと思います。

そして、このシーンで感じたのは
かんなのファインプレー。



初見時、史織の証言を本人に突きつけたり、
勝手にゴミ箱あさったりした、かんなは
人の心にズカズカ入ってくる子なのかと思いましたが、
ここまでやらなきゃ、みどりが素直にならない
ってのをわかってワザとやっているのではないでしょうか。

強がって、たまこ達との壁を作ったみどり。
そして、その壁を突き破ったのはかんな。
大工の娘だけにね!!

そんな事を感じた10話でした。

ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。

\?\᡼\? 3



ツイッターはじめました!
https://twitter.com/go_wingload

遊びに来てくれると嬉しいです。