と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

稲山覚也 『アカツキのユウキ』 感想 (別冊少年チャンピオン10月号)

イメージ 1


別冊少年チャンピオン10月号発売!!
今月号の別チャンに関して、と~しき一番の注目作品は、
みつどもえ」でも「こんかつちゅう」でも御座いません!!
イメージ 2





稲山覚也先生の読切漫画、
アカツキのユウキ』です!!

僕は稲山先生が週チャンで連載していた
てんむす」が、大好きで大好きで…!!

関連記事:
てんむす3巻~5巻 ポンコツ達の闘い
てんむす 8巻 『勝つんだ』





登場キャラクターの感情が痛いくらいに伝わってくる人物の表情をはじめ、
魂が乗った稲山先生の描く漫画に幾度となく号泣させられたものです。
そんな稲山先生の読切、とても楽しませていただきました!!

以下、『アカツキのユウキ』の感想です!
念のためネタバレ注意!!


主人公は、表紙でガラクタの山の上で体育座りをしている少年アカツキユウキ
アカツキ研究所という場所で、所長であるアカツキ五郎博士の助手を勤めています。
このアカツキ研究所、霊問題を解決できる発明を販売しているとの事なのですが、
売れ行きは芳しくないようで、ユウキくんはいつもお腹を空かせています。

てんむす」でアレだけ、ごはんを食べる事を描いていたのに、
アカツキのユウキ」では、ごはんを食べる為に四苦八苦する話とは…

もー、このギャップだけで既に面白い!!

そんなアカツキ研究所に、霊問題で悩む依頼人からのメールが来ることから物語は始まります。
大気中に飛び交う見えないエネルギー「電磁波」と亡くなった人の「想い」が合わさったのが「霊」である。
その「電磁波」を感知し「霊」を可視化するのが、アカツキ五郎博士が発明したゴーグル「レイワカール」

「レイワカール」で邂逅した、商店会を見守ってきた霊たちと依頼主の地上げ屋
意思の疎通を図るどころか怒らせてしまい、ストーリーはこじれていきます。

そして、暴れだす幽霊達に唯一対抗できるのが、アカツキユウキでした。
彼は五郎博士が作り出した「霊に触れる」最高傑作アンドロイド。
対幽霊戦闘用人造人間「幽鬼(ユウキ)」だったのです。

お金とごはんの為に幽霊を退治するように言われるユウキ。
しかし、その結末は…!!
おっと、オチは別冊チャンピオンを読みましょう!!

それにしても、やっぱり「てんむす」の稲山先生です。
イメージ 3



食べ物描写の
なんと美味しそうなことか!!



そして、一人一人の感情が
伝わってくるような表情の描き方!!
グッときますよ!

ナポリタン大盛りでお届けするわ!」
って言っている子が可愛すぎる!!



はぁ~、久しぶりの稲山ワールド!堪能させていただきました!!

博士ぇー!!
今日はごちそうですよ~!!



ツイッターはじめました!
イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload

遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!
(ウソですw押していただけると、と~しきは泣いて喜びます)