と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん!聖地巡礼 その4 とよさと!中編

けいおん!聖地巡礼 とよさと!中編です!
イメージ 1



豊郷駅のホーム。
電車を降りてすぐに
目に付いたのがこの看板でした。

萌えっ萌えなイラストに出迎えて
いただいてインパクト抜群!!





これも聖地効果なのか…
オタク受けする施策を色々やっている近江鉄道という印象を強く受けました。
実は、このオタク受け施策は「けいおん!」以外にもあったりするのですが、それはまた後日…。

イメージ 2


さて、唯たち軽音部の部室である、音楽準備室。

けいおん!!OPで使われた名前ボードが!)

この音楽準備室には聖地巡礼に来た人たちが
自由に落書きが出来る場所が用意されています。




唯たちが練習している場所の後黒板。

イメージ 12イメージ 15










唯たちがしょっちゅう落書きしていたホワイトボード。

イメージ 16イメージ 17










もー、どこから来たとか、何回目の登校だとか、
澪は俺の嫁とか、あずにゃんprprだとか、
皆さん好きな事を書いてらっしゃって巡礼者たちの愛情を感じましたね!
腕に憶えのある方は、それはもう上手な絵を描いていて、
いつか消さなきゃいけないのが勿体無い!と思える程でした。
イメージ 18




…やっぱり
なんか変なのも混じってたけどw


なぜお前がいるw
パート2



モテないし、巡礼にいく。
ってトコでしょうか…w




さらにさらに!
イメージ 19


ホワイトボードの隣には
山のような「あしあと帳」が!!

僕が確認した時点で、
あしあと帳はVOL66となっており、
どれだけ多くの「けいおん!」ファンが
訪れたのかが伺えました。



イメージ 3


と~しきも足跡を残してきました~!!

…字が汚すぎるwwwww


こういうのは書く事に意義がね…。
ちゃっかりブログの広告なんかもしてきたりして。
まー、これ見てくる人はいないでしょうケド。




さて、部室の紹介を続けます。
音楽準備室は3階にあり、窓から見下ろす中庭
けいおん!!13話にて、
梓が物憂げに見おろした景色ってこうだったんだろうなー、と感じました。
イメージ 4イメージ 5










音楽準備室は音楽室に繋がっています。
この音楽室、どこかで見たことある…
お恥ずかしい話、巡礼している時は思い出せなかったんですが
けいおん!!7話秋山澪ファンクラブお茶会」の会場になった場所でした。
(なぜか、けいおん!OPの最後に演奏している場所だと思っていた…w)
イメージ 6イメージ 7









感覚的ですが、広さとかステージの高さとかも全く一緒だったのには驚きました。

そして、今回の巡礼で僕が一番見たいと思っていた場所…
イメージ 8



屋上!!








ここは「映画けいおん!」のクライマックスに向けて一番の盛り上がりを見せる場所。
唯たちは階段を上った部室の入り口前から出て行きましたが、
部室からでも、出ることが出来るという所が、ちょっぴり意外でしたね。
イメージ 9イメージ 10










もちろん、安全面の問題で屋上に出る事はできませんでしたが、
窓越しでも伝わる、この開放感はなんなんでしょう…!!
そりゃ、ここに立ったら「わーっ!」って叫びながら走りたくなりますよ!!

さて、部室にはファンが持ってきたのか
劇中で使われた小道具も沢山置かれていました。
梓のティーカップとか、みんなの上履きとか…

笑ってしまったのがコチラ。
けいおん!!11話で出てきた、
律が壊した扇風機!!
イメージ 11イメージ 13









これを見た瞬間に、11話で出てきた扇風機だとは分かったのですが、
まさか全く同じモノを持ってきているとは…
サボテンまであるしネ!!

本当に、巡礼者=「けいおん!ファン」の
愛情が詰まっている場所なんだと感じました。
イメージ 14




今日はここまで!
後編に続く…


ブログ村に参加しました。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3


ツイッターはじめました!
イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!
(ウソですw押していただけると、と~しきは泣いて喜びます)