と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

みつどもえ 265卵性 千葉氏の背中

別冊少年チャンピオン2月号より、
みつどもえ265卵性の感想です!

いやー、よかったですね!!
イメージ 1

まわしみっちゃんな!!

千葉氏の秘技「帯背負い」への対策を練るため
着物に着替えて集合する事になった杉崎とみつば。

しっかり着付けてもらった杉ちゃんに対して
着付けできる人がいない丸井さん家のみつばちゃんは
帯だけ巻いて登場です。

その姿、まるで横綱…!!


しかしですよ、真っ赤になりながらも、ちゃんと付き合うみつばは本当に良い子だなぁ、と。
別に約束したわけでもない、杉ちゃんが勝手に言い出しただけなんだから、
「着付けできる人がいないからムリ!」で十分通る話なのにさ。

真っ赤になって怒っている表情を見ても、
自分がどれだけ変な格好をしていて、何を言われるかも分かっている上で付き合っている。
そんな風にも見えるんです。

みつばって、やることには真面目に取り組む所があるんですよね。
工作や絵日記など夏休みの宿題もそうですし、マラソンも遅いながらも文句言わずに頑張っていました。
イメージ 2
杉ちゃんの陰謀にハマリ、
言われるがままにバチバチな四つ相撲をとってしまうのも、
みつばのノリのよさ、真面目さが表われているように感じました。

……ごめん!みっちゃん!!


初見時、この堂に入った組みっぷりと
「ムチムチBURST」ってサブタイトルから
阿形VS大森海戦を思い出したって書こうとしていたよ。。

…『バチバチ』おもしろいですよねーw

千葉氏の背中が背負うモノ
さて、265卵性を読んで、僕が改めて感じたことです。
私見です!妄想です!!生暖かい目で見てやってください。。)
イメージ 3


それは千葉氏。
「その背中、凶暴につき」
とアオリ文を入れられている、その背中です。

千葉氏が夏以外に愛用して着ているブルゾン。
そこに描かれているのは見覚えのあるマーク。



イメージ 4


そう、
みつどもえのエンブレムなんですよね。



もともと家紋に使われる「右三つ巴」。
三つ子が主人公である「みつどもえ」にまさしくピッタリなエンブレムです。
この漫画の魂と呼んでも差し支えないようなマークを背負っているのが千葉氏、っていうのは面白いなぁ、と。

ちなみに、千葉氏のブルゾンに「三つ巴」が出てきたのはいつからなのか、確認してみました。
イメージ 5
初出は32卵性「マゾ・ド・ペンギン」にて。
あれ?このときは背中じゃなくって胸にプリントされているw
(この回では、背中には描かれていない)
しかも、これジャージだしw


32卵性以降でも、左胸にあったり背中にあったり、割とブレブレ。
ジャージとブルゾンで2着持っているとか?

まー、とにかく!
比較的初期の段階から「三つ巴」を身に付けていたのが千葉氏です。
なぜ、作品の象徴とも言えるエンブレムを、丸井三姉妹じゃなく千葉氏に与えたのか?
僕はこう考えます。

みつどもえという作品の魂、すなわち桜井のりおの持つ「エロさ」を背負ったのが千葉氏だから。

思い返してみると、千葉氏のエロ観って小6の割には随分達観していて。
彼が編み出した数々の秘技も、別に同級生のパンツや裸が見たいんじゃなくって、
「見られて恥ずかしがる表情」とか「本気で嫌がる侮蔑の視線」を求めているんですよね。

物質的なエロさじゃなくって感覚的なエロさ、といいますか…。
身内には欲情しないとか、今回のオチのように同級生に興味を示さないという点も彼の美学のように感じます。

そんな、のりお先生のエロ観を一身に引き受けるのが千葉氏であり、
彼こそが「三つ巴」を身につける事が許された登場人物なのではないでしょうか。

「三つ巴」を胸に秘め、背中に背負っていたのが千葉雄大という少年。
男は背中に何かを背負って立つもの。のりお先生はご自身のエロ魂を彼に背負わせた。。
……のかもしれません。(オイ

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!