と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

咲-Saki-全国編 8話 能力バトルに混じる正統

咲-Saki-全国編8話を見たじぇ!
いやー、よかったですねー!
イメージ 1

破幻の瞳!

臼沢 塞ちゃんな!!
(このネタ分かる人いるかなw)



真のオカモチキャンセラーはこの子だった!
裏鬼門(?)で北家時に
四喜和を和了する
鹿児島代表の痴ぢ…薄墨初美を見事に抑え込みました。

薄墨ちゃんの裏鬼門、破壊力は文字通り役満クラスであるものの、
「東」と「北」を鳴かなければいけない事、
四喜和に限られている事から
防ぐ対策は立てやすく、比較的容易に裏も取れそうな能力ではありますね。
イメージ 2


この副将戦でも、
四喜和を封じられて混一に移行しようとして
あぶれた「西」を
臼沢に狙い撃ちされていましたし。



阿知賀のドラゴンロードさんもそうですが、
攻撃力の高い能力は手牌が透けて見えてしまいがちなため、
裏をとられやすいのが欠点なのかもしれませんね。

それにしても、この副将戦。
薄墨VS臼沢の能力バトルに
オカルトガン無視な和が絡んできた
のが面白かったです。
イメージ 3

あまりに有名な薄墨初美の裏鬼門。

臼沢も愛宕妹も能力発動を防ぐため
「東」「北」を切らないようにしているのに、
当たり前のように字牌整理していく和。


牌符研究をしていないのか、していても「偶然」で片付けてしまうのか…
徹底的に自分のデジタル打ちを貫いていくんですよねー、のどっち。
そのおかげで能力を発動させる薄墨と、その能力を抑えなくてはいけない臼沢。
ついでに、そんな和のおかげで1つ目の「北」「東」すら抱えてしまっている愛宕妹。

特殊能力を持っていて普通、対策まで練っていて当たり前…。
そんな全国の舞台だからこそ、逆に正統派デジタルの和が混じる事で波乱が生まれる。
能力なくってどうすんの?ではなく、能力を持たない事こそが原村和の強さなのかもしれない。
そんな事を感じた8話でした。


Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3