と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

中二病でも恋がしたい!戀 10話 -Across the line-

にーははー!
中二病でも恋がしたい!戀10話の感想だよー!
いやー、よかったですねー!!
イメージ 1

天使と闘うソフィアちゃんな!!

かつて智音が抱いていた勇者への『想い』。
魔法魔王少女である自分を守るため、
一度は押さえ込んだ恋心でしたが、
勇太と再び出会い時を過ごしていくうちに
その想いは再び燃え上がって…。

もーね、この出歯亀モリサマーたちに
勇太への想いを問い詰められて真っ赤になる智音が、可愛くってもー!
写真ですらしっかりと見られない、勇太と二人っきりでいるのを想像するだけで身体が熱くなる。。
恋する女の子ってなんて魅力的なんでしょう!!…傍から見ている限りではね。
イメージ 2

眠る前に抱きしめた
あの枕に君を重ねた後
水平線の向こう側にいる
君の夢をみた




かつては自分の心にしまいこんだ勇太への想い。
抑え切れなかった自分の気持ちに気付いた時には、
勇太には恋人がいて、自分はその恋を応援すると宣言してしまっていた。
勇太と六花の関係を応援する気持ちにウソは無い。
でも、一緒に過ごした日々を夢見る程、勇太への想いも強くなっているんですよね。


根拠のない強さも 理由だらけの弱さも
お互い抱きしめ合えたから あの頃の痛みは 風に乱れ散ったよ
イメージ 3イメージ 4








魔法魔王少女である自分自身を保つため、勇太や六花を傷つけないため…
智音は森夏たちの前では、にははと笑いながら強がります。
「自分との戦いである以上、自らへのダメージは織り込み済みだよ!」と。
しかし、一人になって頭に浮かんでくるのは、やっぱりそんな単純なことじゃなくって。
みんなの前では強がる姿と、一人で呆然としている弱い姿を続けて見せる事によって、
智音の心の中に渦巻く複雑な気持ちが凄く伝わってくる演出だと思いました。


そして、盆踊りに向かう勇太と六花たちを見て、智音は戦争に向かう決意をするのです。

勇太と二人きりになって、六花の事を沢山聞いた智音。
一言一言が、心を切り刻むような痛みを伴う中、最後まで涙を抑えることが出来た。
戦争という言葉は智音にとっては全く大げさではなく、
本当に自分へのダメージを覚悟する戦いだったんですよね。

そして、最後まで耐え切れたと思った瞬間、
勇太によって差し出された優しさ(傘)で全ては崩れ去ってしまうのです

恋しいから泣いた 
だけど
 愛しいからもっと笑った

イメージ 5

10話を見ていて、今回の智音の心情って
-Across the line-の歌詞と被るところがあるなぁ、
と感じて歌詞を引用した感想を書いてみました。

ついに、自分の気持ちを抑えきることがとうとう出来なくなった智音。

Across the line。
魔法魔王少女としての中二病としての境界。それとも勇太と六花の恋人という境界。
ここから彼女が飛び越えていこうとする境界とは何処を指すのだろうか。
次回が凄く気になります!

関連記事:
中二病でも恋がしたい! 11話 INSIDE IDENTITY
中二病でも恋がしたい!戀 1話 テーマは「変化」?
中二病でも恋がしたい!戀 7話 七宮智音の憂鬱

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3