と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

咲-Saki-全国編 12話 四角い宇宙に「努力賞」はないっ

咲-Saki-全国編12話を見ましたですよー。
いや~、よかったですねー!!
イメージ 1
イメチェン末原ちゃんな!!


スカートはいてー、ニーソにしてー、
髪を下ろしてー、リボンをあしらう…
ほら、美少女!!

女の子は、大きなリボン
で可愛くなれるのです。(適当

準決勝進出を決めた姫松高校。
大将戦を終えた後、末原恭子はある事実に気づきます。
清澄の宮永咲は大将戦の半荘2回ともプラマイゼロになるように打っていた。
イメージ 2

永水女子を捲った
南3局の倍満ツモ。

これも咲がカンしたドラが乗らなければ
タンピンツモリャンペーコーでハネ満どまりでした。


悔しかっただろうなぁ…。
闘牌中は永水と宮守の手を遅らせる為だと思っていた咲のカン。
それが、実は自分に和了させてプラマイゼロに調整する為のカンだった。

もちろん、咲も全力を尽くした上でのプラマイゼロ戦略だったわけですが、
末原さんからしたら、咲の手の平の上で遊ばれていたように感じたんだろうな。
他の2校よりも組し易しとワザと残されたように考えてもおかしくないです。
イメージ 3


和了牌をツモった瞬間の
嬉しそうな表情を思い返すと尚更ね…。






悔しさから涙を滲ませる末原ちゃんの気持ちが痛いくらい伝わってきました。
でもさ…四角い宇宙に「努力賞」はないんですよ。

たとえ情けをかけられたように感じても(かけられてないけどね!)
どんなに無様でも、生き残ること、準決勝にコマを進める事。
この事実は全く揺るがなくって。


勝ち残らなければ、宮永咲に一矢報いる事すら出来ない。
泣いているヒマなんて、ない。

赤阪郁乃監督代行に突然のイメチェンを申し付けられたのも、
もっと強くなる為に自分を変える、開放する、そんな意味合いもあるのかもしれません。

四角い宇宙に「努力賞」はないっ

(この手が奇跡を選んでる (姫松高校Ver.)より)

「努力賞」なんて無いから、勝ち残った者は更に強くなる為に努力する義務がある。

末原ちゃんには、準決勝で一皮も二皮もむけた素晴らしい闘牌を、
そして、再び素晴らしい笑顔を見せてもらえるように頑張ってもらいたい。
そんな事を感じました。
イメージ 4

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3