と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

けいおん! 1話 すべてはここから始まった。

イメージ 1
けいおん!Blu-ray BOX

をようやく見始めましたー。

シュリンクあけて、中身を出してみたら、
放課後ティータイムの集合写真が出てきてビックリ!

今更気づきました……。
このボックスって額縁を表現していたんですね~!



面白いのは、ディスクケースやブックレット、封入特典のポストカード…
どれを入れてもボックスの額縁の中にキレイに納まるってトコロ。
イメージ 2

ポストカードを入れてみても、
ほらピッタリ!!
額縁に入っていると思い出感がアップして良いですな。

ちなみにこちらは1期の番宣キービジュアル。
唯の制服白ソックスがかなり新鮮ですよねー。
基本タイツ、夏は紺ソックスのイメージが強くって。
初期設定ではこうだったのかしら?
白ソックス萌えとしては嬉しい一枚でもあったりしますw


さてさて、そんな事でけいおん!ブルーレイボックスを少しずつ見始めました。
一応、感想記事は一通り書いてはいるのですが、DVD単位でザックリ書いていたり、
時間を置いて見る事によって新しく感じることもあったりで、改めて
けいおん!面白いなぁ!!
と感じる次第で…。

被ることも多いかもしれませんが、再びの各話感想、書いていきたいと思います。
お付き合い頂けると嬉しいです。。。。

と、いうワケでけいおん!1話の感想です!!
いや~、よかったですねー!!
ファーストフード初体験ムギちゃんな!!
イメージ 3

軽音部の部員を確保する作戦会議の為に入った、
初めてのハンバーガーショップに感動するムギ!

「ご一緒にポテトもいかがですか?」
そんな一言が新鮮で、嬉しくって、楽しくって。。



後に自らアルバイトをする事になるお店で、お客さんとして体験した新しい世界。
そして、これが琴吹紬がこれからの3年間で体験する
たくさんの「はじめて」の原点となる場所
なんですよね。

バンド・部活・バイト・値切り・合宿・ライブ・ゲーセン・駄菓子屋・やきそば……etc
ムギは、その持ち前の好奇心と行動力で様々な経験をする事になります。
軽音部の部員としても、一人の女子高生としても、その限られた「高校生」という時間を
一分一秒も無駄にしないで楽しもうとする姿がシリーズを通して描き続けられていくんですよね。
その、琴吹紬の3年間の原点が1話のマックスバーガーでのシーンにあるのではないでしょうか。
イメージ 4

律の真似をして、
律のトレイにポテトを出してしまうムギ。

はじめてだから、知らないから、失敗だってする。
でも、そのはじめてを行う彼女の表情は
本っ当に楽しそうに輝いていて……。



これからの3年間、そのぽわぽわの髪の毛のようにキラキラ輝く3年間を送る紬。
そんな彼女の原点を、僕は1話のこのシーンに感じました。

全てはここから始まった
そして、けいおん!の1話を見て感動したのがこのシーン。
イメージ 5

唯が軽音部に入るきっかけとなった
翼をください」のセッション。

律・澪・紬の3人での、
ハッキリ言って拙い演奏。
でも、全てはここから始まった。


この演奏から唯が入り、梓が入って、放課後ティータイムとしての3年間を過ごしていく。
そして、唯たちが卒業する日、梓に贈る「天使にふれたよ」を同じアングルで描く事によって
けいおん!シリーズの最終回は幕を閉じる、というのはあまりに有名な話です。

改めて1話の演奏シーンを見て僕が感動したのがココ。
イメージ 6


翼をください」のサビに入る時の、
腿の上に置いた手をギュっと握り締める瞬間!!




決して上手ではないけれど、軽音部を楽しそうだと思った瞬間。
何をやっていいのか分からなかった少女が、はじめて自分のやりたい事を見つけた瞬間。
軽音部の、放課後ティータイム平沢唯が生まれた瞬間なんですよね。

そしてそして、何に感動したのかと言うと、
このシーンと、『けいおん!!』最終回で対比する描写がなされているという点なんです。
イメージ 7

唯たちから贈られる「天使にふれたよ」。
先輩達を真っ直ぐ見つめながら
聴き入る梓の腿の上が描かれます。

その手には
唯たちの写真と桜の押し花があって。



けいおん!1話で描かれた唯の手、
けいおん!!最終回で描かれた梓の手、

この対比を僕はこう思えてなりません。

何も持たない「平沢唯の手」が3年間で手に入れたモノ、
それを卒業時に託されたのが「中野梓の手」なのではないかと。

入学時は何も持たず、握り締めるものが何も無かった唯。
そんな彼女が3年間を通して手にした沢山の経験や思い出…。
それを形にしたモノを卒業の際に梓の手に託した。
そんな考え方も出来るのではないでしょうか。

けいおん!!最終回の感想を書くときにも
この1話を見返してシンクロしている点について考えたのですが、
シンクロしている中にも対比している点もある。
それが唯が3年間で得てきた経験であり、成長なのではないか。


改めてけいおん!の1話を見て、
そしてけいおん!!の最終回を見て、
僕は涙が止まりませんでした。

あ~、やっぱり
けいおん!』は最高のアニメだ!!

そんな事を改めて感じた1話でした。

関連記事:
いまさら「けいおん!」1話を見る
けいおん!! 14話 その3 僕は紬になりたかっ
けいおん!! 最終回 その1 これは「はじまり」の物語

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 8









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3