と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

ブラックギャラクシー6 ライト阿部共実ワールド

イメージ 1

阿部共実先生が別冊少年チャンピオンで連載していた
ブラックギャラクシー6のコミックスを購入いたしましたー!
実を言いますと私…、この漫画を同日に発売された『みつどもえ14巻』と同じくらい楽しみにしていて…。

だって私、みつどもえが移籍してきたタイミングで別チャン読者になったハンパ者でして、
面白いなぁ、と思ったときには連載が進んでいて初期の話を分からないまま読んでいたんですよね。
はじめて読むエピソードが多くって、はじめて知る情報も多い…とても楽しく読ませていただきました!
以下、簡単ですが感想を書いて見たいと思います。

この作品の印象を一言で語るとすれば、
ライト阿部共実ワールド
ってトコロでしょうか。
阿部先生の作品といえば『空が灰色だから』に代表されるような、
上手く行かない少女達をドロッドロにねちっこ~く描いたエピソードが印象的。

なんというか、阿部先生の作品には「生々しさ」を物凄く感じていて。。
ドロドロした心理というか、女性の持つ『陰』の部分を徹底して描いていて
読んでいて生臭さにむせそうになるんですよねー。僕だけかしら。

そんな中、このブラックギャラクシー6は、完全に学園コメディとして描かれています。
イメージ 2

没個性でメガネでアホで
デブでメガネな女子高生ギドラ
が文芸部を作り
そこに集まってくる6人の高校生達が織り成す日常。

内容は全体的にギャグとなっていて、
欝になるような話がほとんどなく、読みやすかった。
個人的には、これくらいライトな位が好きだったりします。



面倒くさがり屋でオヤジ臭い子や
周りの迷惑を顧みず暴れる快楽主義の女、
部内でザッキン呼ばわりされる男子とその妹…
個性豊か過ぎて、それぞれが別方向にベクトルがぶっ飛んでいる部活なのに、
なぜかなんとなくまとまっていく描かれ方がとても面白いと思いました。

さて、ブラックギャラクシー6はライトな阿部ワールドだと書きましたが、
そんな中でも、阿部共実テイストが出ているのがセリフ回しだと思います。

例えばココ。
ギドラがシロスギとのデートを妄想するシーン。
イメージ 3
もし彼氏ができたら
初デートは水族館がいいな

魚が泳いでる中で
人間が歩くという 
文化と生物のクロスオーバーを
演出してくれる場所だよぉ

帰りは定食屋で魚を食べるの
人間との上下関係もキッチリ教えとくの

…食うのかよ!?
っていうかセリフ多っ!!!
マシンガンのように出てくる言葉たちが小気味よくって、うっとうしくって。
そしてサラっと残酷な事も言ってのけているあたりも女性の怖い部分を描いているような。
ここら辺が僕が感じる阿部テイストなのかなぁ、と。
そんな、所々で切れ味鋭い阿部テイストを出しつつも、
全体的にギャグ満載で読みやすいブラックギャラクシー6。
阿部作品の入門書としてもピッタリな1冊なのではないでしょうか。
とても楽しませて頂きました!
イメージ 4


最後に…
カレルナ
がりがり可愛い!!




Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!