と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

ちーちゃんはちょっと足りない 誰だって、ちょっと足りない

イメージ 1

ブラックギャラクシー6と同時発売された
阿部共実先生のちーちゃんはちょっと足りないを読みましたー。

いやはや…完全にやられました。。
読後のもやっと感ハンパねーーー!!!!

※以下ネタバレあり!!ご注意を!※





阿部先生初の長編漫画。
イメージ 2

最初は、
どう見ても小学生なちーちゃん(千恵)と
ツッコミ役だけど結構アホなナツ
この中二女子コンビを中心としたギャグ漫画だと思っていたのに…





中盤以降、「クラスで無くなった三千円」事件が発端となり、
ぐちゃぐちゃになる人間関係と、取り残され孤立していくナツ。。
ラストの何も解決していないのに笑顔で歩いていくナツと千恵の姿で〆られる物語。

どう考えてもナツに幸せな未来が見えてこないBADエンド。。
これぞTHE阿部共実ワールド!いい感じに読んでいて胸焼けしました。

ちーちゃんはちょっと足りない』というタイトル。
最初は割り算も出来ないちーちゃんの事を指しているのか思いきや、それだけじゃない。
表紙に描かれているお金やおもちゃなど、もっと現実的で物質的な要素でも足りないし、
ナツも(おそらくちーちゃんも)片親で、精神的な要素でも幸せが足りていないんですね。
イメージ 3イメージ 4







足りない二人の少女が登場するこの作品ですが、
作中で辿る描かれ方が対照的なのが興味深かったです。

お金を盗んだ事を友人旭に叱られ、
被害者の一人である藤岡にお灸を据えられ許された、ちーちゃん。

盗んだお金だと知りつつ使ってしまった罪悪感から
周りから逃げ出し、保身の為周りを貶めて孤立していく、ナツ。


個人的にナツの気持ち、わからなくないんですよね。

お金が無い、彼氏もいない、頭も悪い、友達も少ない…
ないナイばかりで自分がどうしようもない価値の無い人間のように思えてさ、
自信がないから主張も出来ず、旭のように友達を守ることすら出来ない。
変化が怖くて衝突が怖くって何にも行動におこせない。
これ以上自分を貶めるのが耐えられないから心の中で周りを罵倒する。
そんな自分が、もっともっともっと嫌いになっていって……


作中でナツがとる行動は最低と言わざるを得ないものではありますが、
僕も持たざる者として、彼女の気持ちを理解してしまう部分もあって責めることができませんでした。

だからこそ、作中のこのセリフをナツにも聞かせてあげたかったなぁ。

姉にもらった大事なヘアゴムを取られ、
人のものを盗むという罪の大きさを教えられた、ちーちゃん。
そのちーちゃんに藤岡さんがかけた言葉。
イメージ 5
『何もないとか言うなよな
私だって欲しいものがたくさんあるけど手に入らない
みんなそうだ

私らももう少しすれば大人だ
欲しいものは自分の力で手に入れられるようになる
楽しみじゃねえか

ちょっと足りなくたって
どうだって楽しんで生きていけるだろ』



そう、誰だってちょっと足りないんですよ。
ちーちゃんやナツだけじゃない。
藤岡さんも旭も、完璧超人に見える奥島君や如月さんだって
自分に欠けているモノ・無力感に悩んでいるんだと思います。
自分に100%満足している人なんて、たぶんいない。

誰だって自分の力の無さを痛感して苦悩しながら生きているのではないでしょうか。
だから、ナツに必要な事は周りにもう少し目を向けて、
悩んでいるのは自分だけじゃないって知ることではないでしょうか。
ちーちゃんと二人だけの世界で生きていく。そんな終わり方ではありましたが、
願わくば、このもやっとした結末の先に、ナツにも幸せになってほしい。そんな事を僕は感じました。


あ~~~~!!!
やっぱり阿部共実先生の漫画は
心の体調が良い時に読まないとダークサイドに引きこまれる!!

全然まとまっていませんが、考えさせられる一作でした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!