と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 12話 一人じゃない大切さ

【ろこどる】最終回!12話の感想です。
いや~、良かったですね~~!!
流川ガールズソングな!!
イメージ 1
最終回で遂に公開された新曲。
正直言って、この曲単体で聴いたら
そこまで感動できる程の出来ではない、と思う。

でもね、
これまでの流川ガールズの軌跡、
この曲が出来るまでの経緯を知って聴くとさ…


目頭が熱くなってくるんだよおおおおおーーーーーーーーー!!!

10話で奈々子が苦労した歌詞作り。
縁の部屋で過ごし、これまでの事を語り合いながら作る様子が描かれていましたが、
まさにそうで、全く飾っていない、流川ガールズのことを素直に歌った歌詞なんですよね。

「ハンパない緊張とか、どうやって乗り越えればいいのか、まだ分からないの」
「躓いたり転んだり、なんだかしょぼんな日はごめんね、反省します」


事務所にも所属していない、普通の女子校生がやってみた【ろこどる】活動。
上手くいかなかったり、へこんだりする事もある…格好悪い部分も隠さない。
その上で、流川を元気に、みんなを笑顔にしたい、そんな素直な気持ちを歌っているんです。

この場面が大好き。
イメージ 2イメージ 3








「あい」「あい」「じょう」「じょう」「いっ」「いっ」「ぱい」「ぱい」

奈々子と縁が一文字ずつ交互に歌うんだけれども、同じフレーズを歌っているんですよね。
呼吸がピッタリ合っているのも素晴らしいし、
僕はここに「一人じゃない大切さ」を描いているように感じました。

奈々子だけでも、縁だけでも、一人だけじゃ決して作ることも歌うことも出来なかった。
流川ガールズの二人に、ゆい、みらい、沙織さん、係長、野田ちゃんたちファンの人たち…
みんなの応援があって、協力があって、初めて生まれたのが「流川ガールズソング」です。
だから二人で一つのフレーズを交互に歌う事で、みんなで作った一曲だという事を表現したかった
こじつけ気味ではありますが、僕はそんな事を感じました。

優しい関係
12話で僕が一番好きなシーンがここでした。
イメージ 4

本番直前、
緊張する奈々子を抱きしめてあげる縁さん!!

「上手くやろうなんて思わなくていい、
私達に出来ることを精一杯やりましょ」



何が良かったってさー、
縁も緊張しているってことが奈々子に伝わっちゃう、ってトコロですよ。
はじめての大舞台、縁だって緊張しないワケがない。
それでも奈々子の事を想い、包んであげようとしている。

そして、その事を奈々子自身が気付くのが素晴らしい!!
スター性もあって、とっても頼りになる先輩でもあるのだけれど、
実は自分と変わらない「普通の女子校生」なんだという事を知る事が出来た。
そしてお互いがお互いを抱きしめあい、励ましあい、包みあう…そんな優しさが大好き。
そう、この作品すごく優しいアニメなんですよね。

流川ガールズも、彼女達を取り巻く流川市のスタッフやファン達だって、
そしてライバルでもあるAWA2GiRLSもヤな感じ一つしないんですよね。
そんな作品全体に広がっている暖かさが素晴らしいアニメだったと感じました。

蛇足:優勝効果?
イメージ 5

そうそう、
流川ガールズのステージ中、
魚心くんカラーの
サイリウムを勧める兄ちゃん…。

タマほっしー
中の人じゃん!!



お隣に綺麗なお姉さんが…
まさか、ゆるきゃら大運動会優勝効果で
マジでお嫁さん来たとか~~~!?
丹北市、ガチで勝ちにきた甲斐がありましたねw

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!