と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

みつどもえ 287卵性 ぴゅあぴゅあ共同戦線

別チャン1月号にて、みつどもえ287卵性を読みましたよー!
いや~、良かったですね~!!
イメージ 1
おがちんレターな!!


ふたばが書いたクリスマスレター。
サンタさんだけに読んでもらうために、
今年はおがちんの身体に書いてみました~♪

続きはスカートの中って…

いやはや、マ ジ キ チ !!!
確かに、この手紙は法律で裁けない存在にしか読めないだろうけどさー。


おがちんは本気で、このままサンタさん(佐藤父)のところまで行くつもりだったと思うと…。
もし、このまま佐藤家までたどり着いてたら、その日の家族会議はそれはそれは長丁場になったでしょうね。
被告は父親で。

でもさ、でもさ、でもさ~~!
おがちんが、ここまでふたばに協力するって凄い事だと思いません!?
佐藤が好きでしょうがない隊の隊長として、ふたばは恋のライバル。
おがちんにとって、不倶戴天の間柄と言っても過言ではないほどです。
だのに、今回は(文字通り)身体を張ってふたばのクリスマスに協力しているんですよね。
それは、おがちんとふたばには共通点が……サンタを信じているという「同志」だったから。
イメージ 2
去年のクリスマス回(263卵性)では
ブラックサンタという存在を信じる松岡さんに対して
ふたばはシンパシーを感じたのでは?という感想を書きました。

今年はもっと直接的。
もっと素直にサンタを信じる二人の少女のお話でした。
休戦協定を結ぶつもりはない、
と言いながらもサンタトークをするおがちんの表情は嬉しそうで。


サンタを信じる子って、そうでない子との会話に違和感を感じているんですよね。
それは、夢を壊したくない想いからくる「気遣い」という名前の優しいウソ。
信じている子にしか感知できないほど微妙だけど、確かに感じてしまう違和感。
その違和感を全く感じず、サンタ談義に花を咲かせられる嬉しさ……
おがちんは、そこにふたばとの心の繋がりを感じたのではないでしょうか。


おがちんにとって、ふたばは恋のライバル。それは揺るがない。
でも、この時期だけは、二人は同じ意志を共有している「同志」たりえる。
そんなピュアで可愛らしい共同戦線にほっこりした、287卵性でした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!