と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去編 感想

イメージ 1


劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-
を見てきましたー。


テレビシリーズを振り返る「過去編」と、
アッキーと未来の再会からのストーリーを描く「未来編」
2部構成の「過去編」を見てきたわけですが、まぁ総集編でしたね。

1話の屋上での出会いから、「虚ろな影」との闘い。
そしてアッキーの半身である妖夢境界の彼方」との対決を通し、
『半妖』アッキーと『呪われた血』を持つ未来との繋がりが描かれる…。
そんな「未来編」を見る前の復習としては楽しめる内容だったと思います。




以下、ちょっとした感想となりますー。
ネ タ バ レ 注 意 !!




映画が始まって、いきなりロードムービーみたいな場所で
妖夢討伐隊の『約束の絆』PVが流れ出して笑ったw
6話「ショッキングピンク」で果実型妖夢を倒すために未来達が踊ってたアレです。

京アニお得意の、最初におまけエピソードを出して観客の心を掴む手法ですな。
あいかわらず、センターポジション愛ちゃんのあざと可愛さは異常……!!
そして、あいかわらず後ろで踊っているアッキー&博臣の気持ち悪さは異常。(←褒め言葉

さて、過去編は上記のとおり総集編ではあったのですが、
栗山未来を中心にして組み直されていたのが良かったですね。
名瀬泉の依頼を受け「境界の彼方(神原秋人)」を討伐するためにやってきた未来。
アッキーと出会い、時を過ごしているうちに心惹かれるようになり、殺す事が出来なくなる。
「凪」の機会に乗じてアッキーの中の「境界の彼方」だけを自らと共に消滅させる。
欠片を取り込んだアッキーの手によって再会→一緒に「境界の彼方」を再びアッキーの体に封じ込める。
そんな流れを、未来ちゃん視点で描かれていたのが分かりやすくてよかったと思いました。

あと、今更ですが、この作品名境界の彼方っていうのは
半妖であるアッキーが人間と妖夢の「境界」でどう生きていくのか、という意味があったんですね。
未来の立場からしても「アッキーを殺すのか生かすのか」「そのために自分を犠牲に出来るのか否か」
といった境界に立たされ、選択を迫られる。そこで未来が選び着いた場所が『境界の彼方だった。

そして、未来が選んだ答えをぶち壊して、
自ら半妖のままでいる(境界であり続ける)事を決めるアッキー
というのがこの物語のテーマの一つだったのかもしれないと感じました。
イメージ 2

最終回、再び屋上で出会うアッキーと未来。
そのラストシーンで物語は締め括られたはずでした。
実は、そのシーンには続きがあって…

「私は誰ですか?あなたは誰ですか?」
結構衝撃的な未来のセリフで終わった過去編。
ここからどうなるのか!?4月公開の未来編も楽しみです。

←来場者プレゼントのコースター。
やっぱり愛ちゃん、あざと可愛い!!

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3