と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

アイドルマスターシンデレラガールズ 11話 「*」=背中を任せあう姿

アイドルマスターシンデレラガールズ11話の感想にゃ!!
いや~、ロックでしたねー!
イメージ 2
作詞作業だりみくな!!


正反対な二人のユニットデビュー。
同居生活を送り、二人で歌詞を考える。
ケンカをしながらも、先に力尽きた李衣菜に
毛布をかけてあげる、みくにゃんの優しさが好き。

猫キャラとロックキャラ。相性が悪い・気が合わないなんて分かっていた。
でも、冒頭の二人はお互いの事を知ろうともせず「合わない」って言っていたんですよね。

一つ屋根の下で生活する事で、みくにゃんは知りました。
李衣菜がミーハーだった事。実は料理が作れる事。
家族に心配されている事。目玉焼きには醤油派だという事を…。

李衣菜は知りました。
みくにゃんが食事にこだわりを持っている事。そのクセ魚が苦手な事。
節約家でしっかり者だという事。目玉焼きにはソース派だという事を……。

「ホント気が合わないね。」「そこが、このユニットの持ち味にゃ。」

今までは知ろうともしなかったお互いの良いトコ、悪いトコ、
それらをひっくるめた素顔を知ること。その上で二人が出した結論、だから良い。
お互いの事を知ることが出来たから、猫耳もロックも尊重できるようになったのではないでしょうか。
イメージ 1
ただ異色なだけじゃない。
正反対の二人が
お互いの事を知り、お互いの背中を任せられる。

背中を合わせて歌いだした「*」の二人。
その姿は、小さな星を意味する
ユニット名の如く、輝いて見えました。


前川みくとしての宣言
前川みくのガムシャラさ、ひたむきさが本当に大好き。
346プロに持ち込まれた「歌えるアイドル」の仕事に自ら立候補したみく。
彼女はいつだってそうでした。仕事に貪欲で、チャンスを自分の手で掴もうとする子なんですよね。
さらに、今回は前川みくなりの決意・覚悟を含めた上での立候補だったという点が胸アツでした。
イメージ 3

『もし、これでやっぱり駄目だって分かったら…
李衣菜ちゃんに先にデビューして欲しいの。』

この場面、みくは語尾に「にゃ」を付けていなくって。
つまり、『みくにゃん』ではなく
前川みく』としての宣言なんですよね。


あれだけデビューしたい、デビューしたい、って言っていた、みくにゃんがですよ……。
もちろん李衣菜が嫌いなワケじゃなく、自分が納得できる形でデビューがしたい。
前川みくのアイドル観、アイドルに対しての真面目さ、本気さが伺える1シーンだと思いました。

関連記事:
アイドルマスターシンデレラガールズ 5話 がんばれ!みくにゃん!!
アイドルマスターシンデレラガールズ 9話 なんでやねん!

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3