と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

THE IDOLM@STER 2話 アイドルと同じ目線で

アニマス2話の感想ですー!
いや~、良かったですね~~!
イメージ 1

ナチュラルプリティー伊織ちゃんな!!

くぎゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!



なんか久しぶりに至高のアニメ声こと釘宮ボイスを聞いたような気がします。
「うるっさいわねー!なによぉ!?」そんな罵りも、私たちにとっては御褒美ですよね~。
もぉー、可愛いかったなぁ。もっと言って!!

2話は765プロ所属アイドル達の宣材写真撮影回!
デレマスでも2話は346プロのアー写撮影回でした。なんかの伝統なのかしら?
同じ意味の写真のはずなのにね「宣材」って言い方の(良い意味で)洗練されていない感!
こういうのも事務所毎にある「色」なんでしょうね。765プロの野暮った~い感じが面白かったです。

Pの立ち位置
そして、今回の主役は伊織・やよい・亜美真美の765プロ子供チーム。
個性で負けない宣材写真を撮るために余計な小細工なんて不必要。
自由に動いて魅力的な美希、アイドルの基本!笑顔が素敵な春香、
積極的にアピールせずとも、その儚さが人を魅了する雪歩……etc
自分たちがそれぞれ持っている自然体な魅力を伝えれば良いのだと学ぶ回でした。
イメージ 2

また、デレマスと比較して面白いなぁ、
と思ったのはPの立ち位置なんですよね。

伊織たちが、どんな宣材写真が良いのか
悩む場面で、赤羽根Pも一緒になって考える……



346プロの武内Pは「縁の下の力持ち」といった具合にアイドルたちを影ながらサポートしていくのに対し、
765プロ赤羽根Pはアイドル達と同じ目線に立って一緒に進んでいこうとしている、そんな印象を受けました。

どっちが良いとか、優れているとかじゃないですよ。
アイドルのPR方法も人によって異なれば、その子たちのプロデュース方法も人によって異なってくる。
アイドルマスター」シリーズはアイドル達と共にP達の物語でもある。そんな事を感じた次第でした。

水瀬伊織の心の中
個人的に良いなぁ、と思ったのは今回のエピソードで伊織のバックボーンが知れたこと。
イメージ 3

響にとってのハム蔵、
亜美にとっての真美、真美にとっての亜美のように、
自分の良い所を知ってくれる存在がいる、ということ。
それに対して羨ましがる伊織の姿が印象的でした。



水瀬財閥のお嬢様であり、父や兄を見返すためにアイドルを志したと1話では語っていた伊織。
彼女にとって自分のことを一番よくわかってくれる人は少なくとも父や兄ではないんでしょうね。
一緒に宣材写真を撮ったシャルルと共に過ごす特殊EDも含め、
伊織はさみしい想いもしている少女なのかもしれない、と思いました。

ウサギのお人形さんもいいけれど、
これから水瀬伊織の素敵なところを見出しプロデュースしていくのが赤羽根Pの仕事。
そんな、アイドル一人ひとりと一緒の目線に立つ赤羽根Pの活躍が楽しみだと思いました。
イメージ 4

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3