と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

みつどもえ 297卵性 広がる、ひとはの世界

別冊少年チャンピオン6月号にて、みつどもえ297卵性の感想です。
いや~、良かったですねー!
イメージ 1
アイドルみっちゃんな!!

5月号の児童会役員選挙の後日談が297卵性となります。
自分に投票したシャイボーイをあぶり出すための握手会開催!

どこぞのA○Bを彷彿させる握手会用のコスチューム、
め ち ゃ く ち ゃ 可 愛 い !!
キャッチコピー「1ヵ月に1人の美少女」
のなんともいえない中途半端さが実に絶妙で笑えます。
(この垂れ幕描いたのは、ふたば?ひとは?
あんまり大それた事は描けなかったのよねw)

それにしても可愛いかった。。。
なんだよ、握手会なんかあったら絶対通うのになぁ。
別におっぱいの感触を求めずとも、
握手した手が汗まみれになりそうでも!!

広がる、ひとはの世界
もうさ、今回の『みつどもえ』は
このシーンだけでお腹一杯になってしまいましたよ。
イメージ 2

ひとはと支持者たちとの邂逅!!
役員会選挙でひとはが得た投票数が8票。
当たり前ですがこれって「ひとはが良い!」
って思った人が8人いるという事なんですよね。

その人たちと出会い、握手をするひとはを見てさ、
正直、涙が出そうになるくらい嬉しくなっちゃいました。



自ら望んで出た選挙なんかじゃなかった。演説だって一言も喋らなかった。
それでも「丸井ひとは」の事を知ってくれる人が増えた、好きだと言ってくれる人が増えた。

「丸井家」だけだったひとはの世界が「6年3組」に広がり「鴨橋小」全体に広がっていく……。
これって本当に凄いことなんだと思うんです。オカルト好きというマイナーな繋がりではありますが、
選挙に出なければ「天才美少女霊媒師・丸井ひとは」の存在は絶対に知られることはなかった。
あぁ、ひとはの世界がどんどん広がっていっているんだなぁ、と。

一人の世界に閉じこもっているだけじゃあ、なにも変わらないんですよね。
望む・望まないに関わらず、周りとの関係を積み重ねていく事で、みんながひとはの存在を知ってくれる、
そして同時に、彼女自身の目に見える景色も変わってくる。僕はそう思います。

児童会選挙というイベントを通して広がっていくひとはの世界。
そんな様子を見ていてすごく嬉しい気持ちになる大好きなエピソード。
それが僕が感じた297卵性の感想でした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!