と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

のんのんびよりりぴーと 6話 蛍の新しい一面

のんのんびよりりぴーと6話見ましたよー。
いやー、良かったですね!!
イメージ 1
プリティキュットなっつんな!!


参上だプリー!!

共通の話題に昔見たアニメ出すの、あるあるー!
微妙に世代が違くって噛み合わないの、あるあるーww

女児向けアニメとか戦隊ヒーロー物って、ハマる時期がピンポイントでさ、
1学年違うと全く話が合わなくなったりするんですよねー。(大きいお友達は除くw)
自分の場合は戦隊ヒーローに心当たりがあって。
ジュウレンジャーとかカクレンジャーは語れるけど、オーレンジャーは全く分からない…みたいな。
語り合えれば最高の共感を得られるものの、一歩間違えると大変気まずくなるリスクもはらんでるんですよね。
でも、分かんないからって適当に話を合わせるのは止めた方が無難なのかなぁ、と。
イメージ 2
かるがるしく
「グリーンとか好きだなっ」
な~んて言ったら
『そ ん な 色 な い』
って、凄まれる可能性もありますから。

いやはや、ほたるんが
暗ガールじゃなくってホントに良かった~!(そよっ)

とまぁ、夏海から宮なんとかさんを思い出したって話はともかく、
今回は、いろいろな蛍の新しい一面を知ることが出来る回でしたね。
ハマっていたアニメ「トゥインクルシスターズ」についてアツく語る様子とか、
爬虫類や昆虫も平気な所とか、「THE!女の子」なイメージとは違う表情を見せてくれました。
イメージ 3
個人的に好きだったのが、
花火が用意できなくって号泣する蛍でした。

彼女は「花火が出来ない」事自体に泣いているん
じゃなくって、れんげ達を誘っておいたのにも関わらず
「花火をさせられなかった」から泣いているんです。
つまり、自分に責任を感じてしまっているワケで。


小鞠たちもフォローしていましたけど、蛍が悪いワケでは全くないんですけどね。
たまたま売り切れて買えなかっただけなんだから、そもそも責任を感じる事なんてないんだけれど、
なんとなーく、気持ちが分かるんですよ。蛍の世界では本当に重大な事だったんだろうな、と。

見た目が大人っぽく見えても中身は小学5年生の女の子なんだっていうのは2話でも描かれてました。
その、まだ幼くって狭い世界の中で「みんなに花火を楽しんでもらう」っていうのは大きな約束だった。
不可抗力とはいえ自分が言ったこ約束を反故にする事は、楽しみにしていたみんなを悲しませる……
そんな事まで考えてしまっているんじゃあないかな、と。

大人になってみれば全然大した事ないような事柄であっても、
一条蛍のまだ狭い世界では詫びても謝り切れないような大事件だった。
そんな幼いながらもしっかりとした責任感の強さに
蛍の良い所をもうひとつ、見つけたような気がしました。

関連記事:
のんのんびよりりぴーと 2話 一条蛍、11歳です!おいおい!

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3