と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

のんのんびよりりぴーと 7話 写真に残すは「私の居場所」

のんのんびよりりぴーと7話を見ました、ばぶばぶー。
いやー、良かったですね、ばぶばぶ。
イメージ 1
ジト目れんちょんな!!
ひか姉…バブバブ言うのん……!!

帰ってきたひかげと遊びたいれんちょんに、
高校生にもなってお人形遊びは気乗りしないひかげ。
真面目に赤ちゃんをやろうとしない
ひか姉におかんむり、そんなれんちょんでした。

それにしても、ひか姉の「ばぶばぶ」の言い方が個人的にツボりました。
最初は、恥ずかしい&私なにやっているんだろう的な、消え入りそうな「ばぶばぶ」だったのに、
途中からは自ら語尾に「ばぶ」って付けているし、ノリノリで「ばぁ↑ぶばぁぶ」言っているんですよねー。
さすが!福圓美里!!芸達者な演技を見せて頂けたと思います、ばぁぶー!!

「ここが、私の居場所」
引っ越してくる前の学校の友達から送られてきた、遊園地での写真。
そこには、東京じゃないと撮れない「場所」と、一緒に撮ってくれる「友達」が写っていて……。
当たり前の事なんでしょうけど、写真って
「自分が『どこ』で『誰』と一緒にいるのか」を残しておくモノなんだと思います。
それを誰かに見せる時には「元気でやっています」というメッセージを、
自分で見返す時には「こんな事やっていたよな」という思い出を想起させるキーとなるもので。
イメージ 3
蛍に手紙を書いた東京の友達もそうですし、
夏休みで帰省している、ひか姉だってそうなんですよね。

憧れていた東京タワーで、高校で出来た友達と写る。
その笑顔から実家を離れた東京でも上手く生活出来ている…
そんなメッセージを受け取る事が出来るのです。

友達が送ってきた写真、ひかげが撮ってきた写真を見て、
ほたるんも「私も元気でやっている」そんな写真を残したいと思ったのではないでしょうか。

場所は、東京では決して撮ることの出来ない大自然
一緒に撮るのは夏海や小鞠・れんげ、いつも一緒にいてくれる仲間たち。
そして、友達なんだという証を立てる為に、蛍は橋からの飛び降りを決意したんだろうな、と。

もちろん、たとえ飛び降りられなくっても4人が友達という事は揺るがないです。
大事なのは、蛍自身が胸を張って「ここが私の居場所なんだ」と言えるきっかけ作り。
イメージ 2
橋から飛び降りるのは怖かったけれど、
これが出来れば、みんなと友達なんだと言える…。
蛍自身がテーマを決めて、それを乗り越えたワケで。

ずぶ濡れになりながら写る4人の写真には、
「この場所で」「この4人でしか」残す事が出来ない、
「蛍の居場所」が写っていたのではないでしょうか。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3