と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

THE IDOLM@STER 21話 relations

アニマス21話見ましたよっ!
いやー、良かったですね!!
イメージ 1
シンガー小鳥さんな!!

な ん て こ っ た!!
ちひゃー復活ライブもジュピター造反もあったのに、
バーで歌いだす小鳥さんに全部もってかれたぞ!!!
さすがは765プロの事務員さん…美事な唄いっぷりでした。

「女には色々な過去があるんですよ」

赤羽根Pに「アイドル目指せたのではないか」との質問に笑顔で答える小鳥さん。
765プロと961プロの社長が若い頃、プロデュースされていたアイドルだったとか、なのかね。
考え方の違いから激突する二人の影響でアイドルを諦めなければいけずとも765社長を選んだ、みたいな。

善澤記者を含めて3人で肩を並べて飲んでいる姿を見ると色々妄想できますなー。
女の過去にアレコレ引っ掻き回すのは無粋なので、もうやめときますがw

relations
最後のバーシーンで全てを持ってかれたのは事実ですが、
やっぱり個人的には千早の復活アカペラライブが心に残りました。
特に、みんなに「音無しでも唄いたい」と伝えるシーンが、もう一番グッときて…。

ここでBGMとして流れていた
「relations」の使い方が抜群でさー。

イメージ 2

「自分にとって大事なライブだって分かっている。
だからこそ一人でも、もう大丈夫だと伝えたい…!」

そんな、千早の決意に対して、
みんなが理解し、応援する事を伝える。

その瞬間に曲のサビがくるんですよねー。


relationsには「関係」「間柄」「物語」なんて意味もある言葉です。
この曲の歌詞自体は三角関係に揺れる女心を歌ったハードな物語ではあるのですが、
ここでは千早に決意を受け入れ応援でき
る、765プロの「信頼関係」を指しているのではないでしょうか。

オケもない、961社長の暗躍、お客はファンばかりとも限らない……、
一人きりの闘いとなるステージでも、みんなの「relations」が背中を押している。
そんな、765プロの舞台裏にジーンとキてしまったのでした。


Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3