と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

祝・みつどもえ10周年 みつどもえ増量中8話感想 みつごは続くよどこまでも

2006年3月9日(木)、週刊少年チャンピオンにて
桜井のりお先生作『みつどもえ』の1卵性が掲載されました。
そう!本日2016年3月9日は
みつどもえ連載開始10周年の記念すべき日なのです!!


めでたい!めでたい!!
ツイッターでは有志が声を上げ、
というタグにて、
みつどもえ10歳のバースデーをお祝いしております。

自分も何か出来たらなぁ……
と思ったんですが、これしか出来ないので、感想書きます!
と~しきがみつどもえにガチハマりしたのは、アニメ『みつどもえ』がきっかけでした。
笑いに重きを置いたキャラデザ、パンチの利きすぎたギャグが視聴者ウケしなかったのか。
DVDやブルーレイの売り上げは伸びず、2期は8話までしか制作されず、半ば打ち切りという仕打ち。
アニメ化は黒歴史だった…そう感じる原作ファンの方も多いと聞き及んでおります。。

それでも、声を大にして叫びたい。
僕はアニメみつどもえが大好きだ!
みつどもえに出会えたのはアニメをやってくれたからだ!
と。
イメージ 2
みつどもえ増量中8話、
アニメでのラストのエピソードは『三つ子今昔物語』

みつば・ふたば・ひとはの三人との買物帰り、
草次郎パパが幼い頃の三つ子を思い出すエピソード。



4歳の三つ子の可愛さや、すでに出てきた個性の片鱗も面白かったのですが、
このアニメの素敵なところは、原作コミックスとはお話の展開が少し違っているトコロで。

原作では、幼い頃はパパの荷物を持ってくれた三つ子が、
今は全く手伝ってくれない、父の哀愁を感じるオチだったのですが……、
イメージ 1
アニメでは、みつばもひとはも
憎まれ口をたたきながらも荷物を持ってくれる、
ふたばに至っては足もつどころか身体ごと持ち上げる!

さすがに安定しないパパの両手を、みつば・ひとはが持ち、
三つ子でパパを支えている姿が描かれているのです。


ホント、このシーン大好き!!
漫画原作のアニメ化って、原作どおりにやらないと「改悪」とか言われちゃったりするものですが、
みつどもえに関しては、1期の最終回(ふくびきアンバランス)もそうですが、優しい改変をしてくれる。
そんな、太田雅彦監督をはじめとした制作陣の原作リスペクトを感じるアレンジが素晴らしいと思うのです。
イメージ 3

子供たちに支えられながら
草次郎パパは心の中で、こう呟きます。

「あの頃の子供たちは、
今もこうして、ここにいるじゃあないか」
「少し強く、大きく、優しくなって……!!」



みつどもえ』がスタートして早10年。
みつどもえ時空の中で、三つ子たちは少しずつ変わりながらも芯は変わらない。
ずっとずっと、僕たちファンを楽しませ続けてくれた、本当にありがたい事なのだと思います。

『みつごは続くよ どこまでも』

願わくば、今後も10年・20年と
彼女たちのハチャメチャなギャグをずっと観ていたい、そう思いました。
みつどもえ10周年!おめでとうございます!!!

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3