と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

アイカツ! 33話 藤堂ユリカが守り抜いた「誇り」

アイカツ!33話を見ましたよ!
いやー、良かったですねー!!
イメージ 1

日傘と心中(オイ!)ユリカ様な!!

神崎美月と結成するユニット『Tristar』。
そのメンバー選出オーディションが開幕!!

オーディションの内容は
絶壁登りに平行棒渡りにロデオライブ…
妙に体力を使う試練が待ち構えるのでした。


それらをどうにか潜り抜けていくいちご達だったのですが
強風に耐えるステージにて、唯一の1年生さくらの体力はもう限界。
そんな諦めかけたさくらに発破をかけたのがユリカ様だったんですよね。

このオーディションで美月は何を求めていたのかなぁ?って考えてみました。
美月と共に行うアイカツに付いてこられるだけの体力・精神力を見ていたのかな、と。
トップ中のトップ中のトップ中のトップ!スターライトクイーンのアイカツは常軌を逸していたじゃあないですか。

3話であおいやいちご達が目にしたように、
早朝から夕方までアイドルの仕事を完璧にこなして、夜になってもレッスンに励む…。
そんな常人ではとても付いてこられない程のアイカツに付いてこられるだけの資質。
この理不尽ともいえるような障害物走で見出そうとしていたのはソコなのかなぁ、と僕は思いました。

んで、日陰キャラなユリカ様がここまで食い下がり、諦めそうになったさくらを叱咤激励する。
いちごたちとアイカツすることで、蘭たちと走り込む事で得た体力であり根性だったんですよね。
そして、ここでユリカ様は脱落してしまうのですが、その最後も彼女らしさが出ていて良かったのです!
イメージ 2

ユリカ様にとって日傘は
吸血鬼として必要な大切なアイテム。

強風を受けて飛ばされそうになっても、
日傘を捨てるなんていう選択肢はない。

「私は藤堂ユリカとして
このオーディションを勝ち抜いてみせ…」

って言いながら飛ばされていく。


一部始終を見ていた乙姫学園長たちも言っていましたが、
最後まで自分のキャラを守り抜いた誇り高さが凄いなぁと思いました。
アイカツ格言のコーナーで、戻るまで2時間かかる所まで飛ばされたそうですが…w

オーディションには負けてしまっても
藤堂ユリカというアイドルにとって大事な『誇り』は守り抜いた。
自分が作り上げたキャラを裏切らなかったことは、きっと彼女の糧になるはずです。

関連記事:
アイカツ! 3話 トップアイドルの素顔
アイカツ! 20話 形から入る

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3