と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

アイカツスターズ! 35話 ゆめとの距離感

アイカツスターズ!35話を見ました!
いやー、よかったですねっ!
イメージ 2

カード伝授ひめゆめな!!

不思議な力に悩み続けているゆめ。
そんな彼女に同じステージに立つ先輩は
プレミアムレアドレスを預け元気付けます。

同じ悩みを持っていた白鳥ひめだから…
ゆめの一番近いポジションでサポートできる。

見ていてさ、今回に関しては
ゆめとの距離感が意識して描かれていると感じました。

34話でもそうだったのですが、
ローラとは一定の距離を置かれているんですよね。
ゆめが泣きながら飛びついていった時も受け止めずに避けたしw
イメージ 3
前回に見た時には、ローラの
真のライバルを目指す、自分の為に歌う、
その為に必要以上に仲良くしないという意志
なのかな、と少し寂しくも感じたけど、多分違う。

この不思議な力を乗り越えるためには
ローラに出来る事は無いからなんでしょうね。
それは小春でも真昼でもあこでも同じ…
ゆめ自身が乗り越えなくてはいけないから。

話を聞いても理解しきれないローラたちでは、
残念ながら、ゆめの力にはなれないって事なんですよね。

つまり、この距離感っていうのは別に心の距離っていうワケではなく、
今のゆめのテーマ(不思議な力)に対する理解の尺度なのかな、と思いました。
だから、同じ悩みを乗り越えた白鳥ひめだけが、ゆめと一番近い距離で心を交わせる。

不思議な力の副作用に苦しみ、
歌えなくなるかもしれない恐怖に不安を感じ、
それらを乗り越えS4の座をつかみ取ったひめだから、
今現在で悩んでいるゆめの傍にいてあげる事が出来る。

そして、夢を掴んだ証であるS4のプレミアムドレスを託す事で、
ゆめにだって乗り越える事が出来るんだ
、そう力づける事が出来るのです。

この苦境を乗り越えるのはゆめ自身にしか出来なくても、力になってあげたい。
誰にでも理解できる悩みじゃないからこそ、分かってあげられるひめの存在が大きくて。
そんなゆめの悩みに対する理解度が物理的な距離として表現されていたのかも、と思ったのでした。
イメージ 1

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3