と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

アイカツスターズ! 42話 ふたりなら最強☆

アイカツスターズ!42話!
いやー、良かったですねー!!
イメージ 1
ゆずリリペアな!!


「ふたりなら最強☆」

42話のテーマは
コレだったんだろうと思いました。


エピソードの主役だった、ゆず&リリィはもちろん、
ゆめと小春ちゃん、舞組のミッキーとサーヤ、デーブ佐東先生と指田Pまでw
「光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩む方が良い」
っていうリリエンヌ格言を描いたお話だったんですよね。

幼い頃に誓った約束を果たすため、ゆずと同じステージに立つことを決意するリリィ。
太陽のように眩しい存在だったゆずと並び立つまでに彼女のアイカツも高みに達したってのがアツイよね。

そして、ゆず自身もリリィに対して同じ気持ちを抱いていたというのが、また良くって。
相思相愛といいますか、お互いリスペクトの気持ちで切磋琢磨してきたってのが伝わってきたのです。
イメージ 2
劇場版アイカツスターズ!
のブルーレイ&DVDが発売した週

に放送された回ということもあり、
財団Bの販促的な思惑も見えなくはないですが、

「ふたりなら最強☆」
という劇場版でも描かれた主題に
乗せた、ゆずリリ脚本だと感じたのでした。



……という、描きたかったテーマがあるんだろうなとは思いつつ、
リリィが普通にゆずと同じステージをこなしてしまったのは違和感を感じました。

だって舞組の子たちは、ダンシングモンスターゆずの無尽蔵な体力についていけなかったワケで……、
そこに病弱体質なリリィが根拠もなくパートナーをこなせてしまったっていうのは、ご都合主義が過ぎるなぁ、と。

倒れるのを覚悟して舞台に臨もうとした幹部のミッキー達を描きながら、
ステージを終えてケロッとしているリリエンヌっていうのも違和感アリアリで。。

実力あっても体力足らず。儚い故に気高い美しさがある。
それが僕が今まで思い描いていた白銀リリィというアイドル像だっただけに、
脚本にキャラが捻じ曲げられてしまったように感じたのも、偽らざると~しき君の感想だったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3