と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

映画 プリキュアドリームスターズ! 感想

イメージ 1





映画 プリキュアドリームスターズ!
を見てきましたーーーーー!!


プリキュアの春映画が
これまでのオールスターズから趣向を変え、

Go!プリンセスプリキュア
魔法つかいプリキュア!
キラキラ☆プリキュアアラモード

上記3作品のコラボという事で、
比較的最近の作品からファンになった
と~しきくんが見ないワケがないよね!!




公開初日の午前中の回という事もあり、
なかなか多くの幼女先輩方と一緒にプリキュアを応援してきました。
モフルンのリュックサックを背負った子やキュアホイップのコスプレをしていた子、
キュアマーメイドがお気に入りなのか「出番まだー?」ってしきりとお母さんに聞いてた子もいて、
主たる視聴者層である子供たちの事を考えても、登場プリキュアを絞ったのは良かったと思いました。

さて!映画を観た感想なのですが、
まずはCGの技術が更に進歩していたのに驚かされました!!
Go!プリ映画でフルCGの中編を作った宮本浩史監督がメガホンをとったという事で、
アクションにしても、アニメの魅せ方にしても、随所に工夫が見られて上手いなぁと感心。
プリキュア映画おなじみのライトを振る応援のシーンでも面白い演出をされていてビックリw
あの迫力はぜひスクリーンでご覧になっていただきたい!臨場感がとにかく半端なかったから!!

あと、ストーリーはキラプリのいちかちゃん達が中心でしたが、
GO!プリ・まほプリファンにも嬉しい小ネタが散りばめられていてニヤリとさせられました。
というワケで!内容についての感想は下記で書かせて頂きます!!




<<<<以下、本編のネタバレありです!ご注意をば…!!>>>>










スクリーンがステージに!
プリキュア映画と言えば!ライトを振って「がんばれーぷいきゅあー!」ってやるアレ。
ドリームスターズにおいてもモチロンあって、作中のキャラが促す場面もあったのですが、
今回はサクラちゃんやキュアホイップが劇場に飛び出してきてビックリしました!!!
文字で説明するのは難しいのですが、CGと目の錯覚を利用して疑似3Dを演出って感じかな。
幕の下りた舞台の前で呼びかけてくるように、スクリーンをステージに変えたCG技術が凄いと思いました。

小さい事は気にするな!!
ストーリーとしましては映画オリジナルキャラ、
桜が原の少女・サクラが、国の危機を守るためにプリキュアに助けを求めるというモノで、
大人になったみらい達や、夢に向かい旅立ったきららちゃんやトワ様とかどうするのかな…、
って視聴前は少し気になっていたのですが、

みらい達は中学生のままでしたし、ノーブル学園にはみんな揃っていました!!
ゼツボーグやヨクバールも出ていましたし時間軸的には3つの世界で同時進行しているのかもね~。
まぁ、そこらへんの辻褄合わせる必要もないでしょうし、小さい事は気にせず楽しもうね!って事なんだろうな。

細かいファンサービスは嬉しい!!
魔法商店街やノーブル学園も舞台となったという事で、
Go!プリやまほプリにおける、ちょっとした人物やアイテムが出てきたのが、
ファンとしては嬉しくって、見つけてはニヤニヤもんでした~!

ホウキ屋のグスタフさんや八百屋のトッドさんも出てましたし、
キュアトゥインクル根性ドーナツくん食べてたの笑ったww
(らんこ先輩は出てなかったけどw)

本作最萌プリキュア
個人的に、本作で一番かわいかったと思ったのがリコちゃん!!
いちか達との出会いは、暴走ホウキの墜落による激突で「落ちてないし!」のお約束も頂きましたし、
中盤のシリアス場面でもお腹鳴らしてみんなに笑われていて、コメディ的に美味しい場面を優遇されていた感がw

ゆいちゃんマスコット説
キラプリの特殊OPで話題になっていた、あきら様に壁ドンされるゆいちゃん!!
やっぱり口説かれているようにしか見えないし、きららちゃんに
「学園でナンパとは良い度胸しているじゃない」とか言われてて面白かったw
ちなみに、これはキーアイテムを持っている子を探すっていうミッションでの出来事で、
魔法界ではモフルンが対象だったので、ゆいちゃんの愛されっぷりが分かるってなもんですね。
まぁ当然のように、ゆいちゃんはノーブル学園にお留守番だったのですが……

キララキラリラ煌めく~♪
ストーリー面で好きだったのが、いちかとサクラの心の交流が丁寧に描かれたトコロ、
特に、キラプリらしくサクラをイメージしたサクラケーキだいふくを作るシーンが好きでした。
このスイーツに桜の花の塩漬けを添えるのは、しょっぱさによって甘さを一層引き立てるため……。
これが本作においてサクラが学ぶ大事な事でもあり、作劇上のテーマだったんだろうな、と思いました。

敵の五月雨の正体は、自分を逃がしてくれたシズクだった…。
ショックで泣き出すサクラに、キュアホイップは叱咤激励して励ますんですよね。
「友達を助けよう」ってさ。そして涙を乗り越えて取り戻した友情は更に強い繋がりで結ばれる。

テーマソングの『桜MISSION ~プリキュアリレーション~』にも
「アリトアラユル 涙は 喜ぶ笑顔のためにある」って歌詞があって
試練を乗り越え強くなる友達との絆っていうのが本作のテーマの一つであり、
これに関しては、オールスターズからドリームスターズに代わっても決して変わらない
プリキュア映画における不変的なメッセージだったんだろうなぁ、と観ていて感じたのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3