と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

アイカツ! 130話 チュチュ・バレリーナ

DVD44巻にて
アイカツ!130話の感想です!
いやー、よかったですねー!
イメージ 2
『Noだ!』ジョニー別府な!!

足を怪我して運動禁止中の黒沢凛。
だがしかし、隙あらば踊ろうとする凛ちゃんに対し
厳し~く目を光らせているジョニー先生だったのでした。

って、一体どっから目を光らせているんだよww


チュチュ・バレリーナ
さて、130話は氷上スミレと黒沢凛のユニット
『ダンシングディーヴァ』の結成、その前編が描かれていました。
テーマは二人の少女がユニットになるまで」かな、と見ていて思った。

マスカレードをはじめ、トライスターにソレイユ、ダブルエムにツウイングス……
これまで登場したユニットを振り返りつつ、ユニットとはなんぞや?と学んでいくのですが、
人間関係を1から積み上げていく…そういうユニットっていうのは今までなかったんですよね。

多くが、もともと仲良しだったり、美月のカリスマ性をベースにしたユニットで…。
いちごとセイラのツウィングスはユニットになるまでの過程が描かれていましたが、
二人は元来ライバル同士で、お互いの事をある程度知ってからのユニット結成でした。
イメージ 3
そんな中、今回スミレが凛を
パートナーに選んだきっかけは「一目惚れ」。

そもそも二人は学年も違いますし、
お互いの事を良く知らない状態からスタートする。

そんな彼女達がケガやすれ違いを乗り越えて
「ユニットの魔法」がかかり始めるまでが描かれていて。


入れ込み過ぎて怪我をして、責任を感じてユニットを断った凛……。
そんな凛に対してスミレは、自分のステージのダンスレッスンをつけて欲しいと申し出る。

要は、そこから始めようって事なんですよね。
最初から上手くは行かない。それでも二人で1から積み上げていく意志表明。
スミレは歌で、凛はダンスで、お互いを輝かせるユニットになっていこうとしている。

二人の進むべき先を予感させる曲「チュチュ・バレリーナ」。
最初EDで聞いたときは少し不気味で怖い(!)感じもしたのですが、
困難を乗り越えてユニットになろうとしている、そんな二人を歌った曲なんだと思ったのでした。
イメージ 1











Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!





ブログ村に参加しております。
バナーをポチっていただけると励みになります。
\?\᡼\? 3