と~しきくんの感想diary

Yahooブログで「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」というブログをやっていました。ヤフブロからはてなに流れ着く。アニメや漫画の感想を書きます。

衛府の七忍 6巻 感想

イメージ 1

山口貴由衛府の七忍』6巻を読みました!
まさか次の主人公が沖田総司になるとは思わなかった!!
物語の舞台が江戸初期という事で桃太郎卿が登場してきた時も驚きましたけど、
「若返る吉備団子」とか拵えてたんで、まぁ不老不死の存在なんだろうなと思えたんですが、
幕末の病床についていた沖田総司未来からタイムスリップしてくるとは…若先生、破天荒すぎます!!!

本作は大きく分けて二つのストーリーから構成されているようです。
・徳川の天下にまつろわぬ民の尖兵となる怨身忍者たちの物語衛府の七忍』
・鬼を討ち千年の後まで語り継がれる剣豪・魔剣士たちの物語『魔剣豪鬼譚』

6巻時点では怨身忍者も魔剣士も、それぞれが誕生するまでの物語が描かれ、
おそらく全員で揃ったところで全面対決するという展開になるのではないかと思うのですが、
ここまでに登場したキャラを整理してみると、錚々たる面々で血が湧いてくるような思いになりました。

怨身忍者(衛府の七忍)
・零鬼/カクゴ(葉隠覚悟)
・震鬼/憐(動地憐)
・雪鬼/六花(初夜六花)
・霞鬼/波裸羅(現人鬼散)
・霹鬼/タケル×幻之介(九十九猛×藤木源之助)
・霧鬼/ツムグ(御菩薩木紡)

鬼哭隊(魔剣豪鬼譚)
孝霊天皇皇子大吉備津彦命(桃太郎卿)
塚原卜伝高幹
沖田総司(?)

山口貴由オールスターズ!!VS
伝説の剣豪オールスターズ!!ですよ!!!!

本作はスターシステムを採用しており、
覚悟のススメ』や『シグルイ』『エクゾスカル零』で活躍していたキャラ達が
かつて実在したとされる伝説の剣豪たちと対決する!これだけで山口ファンはたまらない!!

さらに魔剣士側には名前だけ出ている源頼光
6巻で柳生宗矩も出てきましたし、そうなると十兵衛も出てくるかも…!

さらにさらに!怨身忍者側には真田幸村の娘・兵頭伊織
天才軍師・山本勘助憑依した少女テヤンも登場し彼女たちがどう動くのかも面白そう!

蛮勇引力』や『シグルイ』あたりからかな。
ぼくは山口先生の描く漫画から放たれる、
「少数派が放つ、ささやかだけれど力強い輝き」
みたいなのが凄く好きなんですよね。

世の中の大勢に反抗する、または世の中の体制に虐げられる…、
そんな死ぬほど辛くても頑張って生き続ける人達の元に降り立った英雄。
踏んだら潰されそうな状況でもまつろわ(服従せ)ず、命を燃やして輝くヒーロー像。
それが僕の心の琴線に響きまくるのです。

“大した世の中ではないが
      もうしばらく生きてやろうか”
毎巻読み終えるたびに心の底からそう思える、本当に面白い漫画です。
イメージ 2

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と~しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!